Dow、循環型・再生可能ソリューションに関する新目標を発表

 

10月17日、化学および材料科学大手のDowは、2030年までに年間300万トンの循環型・再生可能ソリューションを商業化するという新たな目標を発表し、主要なサステナビリティ目標の一つを大幅に拡大した。

本目標を達成するため、Dowはパッケージング・特殊プラスチック事業部門と連携し、新しいビジネスプラットフォーム「Circular & Renewable Solution」の設立を発表した。

Dowは2020年に、GHG排出量とプラスチック廃棄物を削減し、2030年までに100万トンのプラスチックを回収、再利用、リサイクルする「Stop the Waste」目標など、循環型経済への推進を目的とした一連のサステナビリティ目標を発表した。

2030年の新たな目標は「Transform the Waste」と名付けられ、プラスチック廃棄物やその他の代替原料を変換して、年間300万トンの循環型・再生可能ソリューションを商業化することを目標としている。

本目標は、7月にDowが発表した、同社の循環型社会の実現とプラスチックリサイクル能力の大幅な拡大を目指した一連の投資とパートナーシップに続くもの。これには、高度なリサイクルソリューションを提供するMura Technologyと協力して米国と欧州に複数の大規模リサイクル施設を建設し、2030年までに最大60万トンのプラスチックリサイクル能力を追加するという、Dowにとってこれまでで最大のリサイクルに関するコミットメントが含まれている。

【参照ページ】
(原文)Dow commits to accelerating the circular ecosystem by transforming waste and alternative feedstock to deliver 3 million metric tons per year of circular and renewable solutions by 2030
(日本語訳)Dow、年間300万トンの新目標をサポートする循環・再生可能エネルギーソリューションプラットフォームを立ち上げ

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-12

    欧州監督機構、グリーンウォッシングに関する最終報告書を発表

    6月4日、ESMA(欧州証券市場監督機構)EBA(欧州銀行機構)・EIOPA(欧州保険・企業年金監…
  2. 2024-6-11

    H&M、SBTiの目標基準におけるカーボンオフセットの使用に懸念を表明

    6月5日、H&Mグループは、SBTi(Science Based Targets init…
  3. 2024-6-10

    アサヒ飲料、自動販売機で回収したCO2を道路材料に活用開始

    5月24日、アサヒ飲料は、前田道路株式会社と共同で、「CO2を食べる自販機(自動販売機の庫内に二酸…
ページ上部へ戻る