米財務長官、国際開発金融機関のトップと気候変動ファイナンスについて会談

米財務長官、国際開発金融機関のトップと気候変動ファイナンスについて会談

7月22日、米イエレン財務長官は、国際開発金融機関(MDBs)のトップと民間部門のリーダーを招集し、気候変動対策の民間資金強化をする方法について議論した。

会議で、イエレン長官は、MDBsが気候変動に対する民間資金の動員を最大化するための努力をしていることを確認するために、内部のインセンティブ、構造、慣行を評価するよう求めた。
また会議では、MDBsの役割を、重要な開発資金の提供にとどまらず、グリーンボンド市場での資金調達や、気候変動への対応に必要な民間投資を促す強固な環境づくりを支援するなど、さらに進化させる方法について議論された。

イエレン長官は、MDBsがこれらの目標を達成できるよう協力していくことを約束し、10月にIMFと世界銀行グループの2021年の年次総会に合わせてグループを再招集し、具体的な計画を議論する予定だ。

【参照ページ】

(原文)Readout: Secretary of the Treasury Janet L. Yellen’s Meeting with the Heads and Private-Sector Leads of the Multilateral Development Banks to Discuss Climate Finance

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-24

    旭化成、三井化学、三菱ケミカル、カーボンニュートラル実現に向け3社連携

    5月8日、旭化成、三井化学、三菱ケミカルは、西日本に各社が保有するエチレン製造設備について、カーボ…
  2. 2024-5-22

    資生堂、男性社員の育休取得率100%達成

    4月10日、資生堂は、国内資生堂グループ男性社員の育児休業取得率100%を達成したと発表した。 …
  3. 2024-5-22

    環境省、「環境デュー・ディリジェンスに関する取組事例集」更新

    4月11日、環境省は「環境デュー・ディリジェンス(環境DD)に関する取組事例集」の更新版を公表した…
ページ上部へ戻る