PwC Australia、脱炭素経済の促進に向けエネルギー転換に関する専門部署を新設

 

7月1日、プロフェッショナル・サービス企業のPwC Australiaは、2050年までにオーストラリアが脱炭素経済への移行を促進することを目的とした、エネルギー転換専門部署の新設を発表した。

PwCは、2030年までに企業がこの分野のアドバイザリーサービスに35億ドル(約4,750億円)以上を費やすと予想している。最近選出されたアンソニー・アルバネーゼ首相率いるオーストラリア政府は、2030年までにオーストラリアの排出量削減目標を43%に引き上げ、中間目標と2050年のネット・ゼロ目標を法律に明記する計画など、同国の気候に関する公約を大幅に強化することを公約に掲げている。

PwCは、132人の専門家でスタートするこの事業を拡大するために、「厳格な採用活動」が進行中であると述べている。新しいエネルギー転換チームは、PwCのファイナンシャル・アドバイザリー事業の中に設置され、既存および新規のパートナーや、PwCの取引、インフラ、コンサルティング、アシュアランス事業の社員を含むエネルギー転換やESGのスペシャリストを配置する予定である。

【参照ページ】
(原文)PwC Australia launches 130-strong new business to help Australia with its $500bn transition to a clean energy economy
(日本語訳)PwC Australia、脱炭素経済の促進に向けエネルギー転換に関する専門部署を新設

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-21

    人口戦略会議、全国の地方自治体の「持続可能性」について分析

    4月22日、民間団体・人口戦略会議は「地方自治体「持続可能性」分析レポート」を公表。昨年12月に公…
  2. 2024-5-21

    金融庁、主要国のサステナビリティ情報の開示・保証について報告書を発表

    4月17日、金融庁は「主要国のサステナビリティ情報等の開示・保証の動向に関する調査」をEY新日本有…
  3. 2024-5-16

    CEO半数以上がサステナビリティの優先順位が高いと回答(EY調査)

    5月7日、EYの調査によるとサステナビリティと気候変動に関する課題は、グローバルの経営層の間で再び…
ページ上部へ戻る