アジア主要銀行の気候ストレステスト、海面上昇による気候被害を指摘

8月21日、アジア機関投資家の気候変動イニシアティブAIGCCと香港の気候変動シンクタンクCWRは、アジア・オセアニア地域の銀行に対する公開書簡の中で、アジア太平洋地域における海面上昇による気候被害に対応するため、銀行のストレステストを強化すべきだと述べた。この地域の2億3千万人が2050年までに深刻な危険にさらされ、海面上昇に伴う世界的なコストは年間14兆米ドル(約2千兆円)に達する可能性があると指摘している。

AIGCCとCWRは、書簡の中でストレステストの改善を以下のように提言した。

  • 海面上昇は2050年以降に加速すると予想されるため、リスクが適切に捕捉されるよう、50~80年という適切な時間軸を使用する
  • 2100年までに少なくとも2mの海面上昇を最低限、場合によっては5mのシナリオも分析に含める
  • 海面上昇リスクへの対応で、政府の対策可能性も考慮にいれる

【参照ページ】
(原文)Key Asian Banks’ Stress Tests Miss Coastal Threats, say Investors and Think Tank
(日本語訳)アジアの主要銀行ストレステスト、海面上昇による気候被害を指摘

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-24

    旭化成、三井化学、三菱ケミカル、カーボンニュートラル実現に向け3社連携

    5月8日、旭化成、三井化学、三菱ケミカルは、西日本に各社が保有するエチレン製造設備について、カーボ…
  2. 2024-5-22

    資生堂、男性社員の育休取得率100%達成

    4月10日、資生堂は、国内資生堂グループ男性社員の育児休業取得率100%を達成したと発表した。 …
  3. 2024-5-22

    環境省、「環境デュー・ディリジェンスに関する取組事例集」更新

    4月11日、環境省は「環境デュー・ディリジェンス(環境DD)に関する取組事例集」の更新版を公表した…
ページ上部へ戻る