WBA、2021年度のデジタルインクルージョンベンチマークを発表

WBA、2021年度のデジタルインクルージョンベンチマークを発表

12月7日、World Benchmarking Alliance(WBA)は、最新のデジタルインクルージョンベンチマークを発表した。
デジタルインクルージョンベンチマークはIT通信業界大手を対象としたデジタル化でのインクルージョン評価ランキング。

スペインのテレフォニカ、フランスのオレンジ、オーストラリアのテルストラの通信会社は、デジタルスキルの教育、インターネットのアクセス性、安全性、多様性、倫理性を高めるための先進的な取り組みにより、2年連続でデジタルインクルージョンに関する首位を獲得している。トップ10の中でアップルのスコアが最も改善され、2021年の評価で14位から4位に躍進した。日本企業は上位にはランクインせず、NTTの17位が日本企業でトップであった。

ベンチマーク全体では、世界最大級のテクノロジー企業がインクルージョンの推進に具体的に取り組んでいることが示されたが、業界全体としては期待を下回っている結果となった。

【参照ページ】
(原文)Apple, Cisco, and Samsung jump up the rankings in the latest Digital Inclusion Benchmark
(日本語訳)最新のデジタルインクルージョンベンチマークでアップル、シスコ、サムスンが順位をアップ

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-21

    人口戦略会議、全国の地方自治体の「持続可能性」について分析

    4月22日、民間団体・人口戦略会議は「地方自治体「持続可能性」分析レポート」を公表。昨年12月に公…
  2. 2024-5-21

    金融庁、主要国のサステナビリティ情報の開示・保証について報告書を発表

    4月17日、金融庁は「主要国のサステナビリティ情報等の開示・保証の動向に関する調査」をEY新日本有…
  3. 2024-5-16

    CEO半数以上がサステナビリティの優先順位が高いと回答(EY調査)

    5月7日、EYの調査によるとサステナビリティと気候変動に関する課題は、グローバルの経営層の間で再び…
ページ上部へ戻る