ムーディーズ、PassFort社と360Kompany社を買収。KYCとコンプライアンス機能を拡大

ムーディーズ・コーポレーション社は、オンボーディングと顧客情報管理(KYC)技術ソリューションを提供する欧州企業2社、パスフォート・リミテッドを買収し、360kompany AG(kompany)を買収する契約の締結したを発表した。これらの買収は、ムーディーズのテクノロジー、データ、分析能力を補完し、KYC、アンチ・マネー・ローンダリング、コンプライアンス、カウンターパーティーリスクに関する業界トップクラスの顧客向けソリューションを強化する目的だ。

PassFortは、英国のSaaS型ワークフロープラットフォームで、本人確認、顧客オンボーディング、リスク分析を提供する。同社のソフトウェアは、25以上のサードパーティプロバイダーからデータを提供し、顧客やサプライヤーのデューデリジェンス文書の収集、検証、安全な保管を自動化する。パスフォートのプラットフォームがムーディーズのKYCおよびコンプライアンス製品群に統合されることで、より包括的なワークフローソリューションが実現し、顧客はクレジット、サイバー、ESG、気候分析などのムーディーズのデータを、独自のプロセスに直接取り入れることができるようになる。

360kompanyは、オーストリア・ウィーンを拠点とする、監査証明付きの企業検証およびKYCのためのプラットフォームで、200の国・地域にまたがる1億1500万以上の企業に関する一次情報ネットワークを運営している。同社のAPIにより、ムーディーズの顧客は株主分析および企業検証をリアルタイムで完了する、また、規制上の要求を満たすために企業のオリジナルの提出書類や文書を取得することができるようになる。

PassFort 社の買収と kompany 社の買収計画は、Moody’s が KYC 分野に投資したことを受けたものだ。ムーディーズは、両社をムーディーズ・アナリティックス内のKYC事業に統合し、Orbis企業データベースとリスクプロファイル、有害ニュース、政治的露出人物、制裁に関するGRIDデータベースを強化する予定だ。

【参照ページ】Moody’s Acquires PassFort and Agrees to Acquire kompany, Expanding KYC and Compliance Capabilities

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-21

    人口戦略会議、全国の地方自治体の「持続可能性」について分析

    4月22日、民間団体・人口戦略会議は「地方自治体「持続可能性」分析レポート」を公表。昨年12月に公…
  2. 2024-5-21

    金融庁、主要国のサステナビリティ情報の開示・保証について報告書を発表

    4月17日、金融庁は「主要国のサステナビリティ情報等の開示・保証の動向に関する調査」をEY新日本有…
  3. 2024-5-16

    CEO半数以上がサステナビリティの優先順位が高いと回答(EY調査)

    5月7日、EYの調査によるとサステナビリティと気候変動に関する課題は、グローバルの経営層の間で再び…
ページ上部へ戻る