BlackRock、エネルギー転換のメガトレンドに着目したインフラストラクチャー戦略を開始

6月16日、投資大手のBlackRock(ブラックロック)は、エネルギー転換とエネルギー安全保障というメガトレンドのテーマで長期的な投資機会を追求することを目的とした「永久インフラ戦略」を新たに立ち上げる計画を発表した。

ブラックロックは、世界のエネルギー転換を推進するために、インフラ事業者と長期的に協力し、企業が長期的に低炭素なビジネスモデルへ移行することを積極的に支援すると表明している。

ブラックロックによると、グリーン経済への移行が始まり、インフラ部門に広く「ステップ・チェンジ」をもたらし、いくつかの分野で投資機会が生まれていることから、新たな戦略を確立するとしている。本戦略では、エネルギー転換とエネルギー安全保障への投資に加え、デジタル・コミュニティ・インフラ、持続可能なモビリティ、循環型経済などの分野をターゲットにする予定だ。また、電力会社、エンドツーエンドの再生可能インフラプレーヤー、データセンター、グリッドデジタル化技術、バッテリー貯蔵システム、水素適応型天然ガス貯蔵・輸送設備などの事業への資本投入を目指す。

世界的なエネルギー転換と脱炭素経済への移行に伴い、複数の大手オルタナティブ投資会社が長期的な投資機会を求めて準備を進めている中、本戦略が発表された。プライベート・エクイティ企業の Apollo と Blackstone はそれぞれ、今後10年間でエネルギー転換と気候変動対策に1,000億ドル(約13兆円)の投資機会を見込んでいると最近発表し、過去数カ月の間にエネルギー転換に特化したプラットフォームを立ち上げている。

【参照ページ】
(原文)BlackRock to establish perpetual infrastructure strategy
(日本語訳)BlackRock、エネルギー転換のメガトレンドに着目したインフラストラクチャー戦略を開始

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-12

    欧州監督機構、グリーンウォッシングに関する最終報告書を発表

    6月4日、ESMA(欧州証券市場監督機構)EBA(欧州銀行機構)・EIOPA(欧州保険・企業年金監…
  2. 2024-6-11

    H&M、SBTiの目標基準におけるカーボンオフセットの使用に懸念を表明

    6月5日、H&Mグループは、SBTi(Science Based Targets init…
  3. 2024-6-10

    アサヒ飲料、自動販売機で回収したCO2を道路材料に活用開始

    5月24日、アサヒ飲料は、前田道路株式会社と共同で、「CO2を食べる自販機(自動販売機の庫内に二酸…
ページ上部へ戻る