BlackRock、エネルギー転換のメガトレンドに着目したインフラストラクチャー戦略を開始

6月16日、投資大手のBlackRock(ブラックロック)は、エネルギー転換とエネルギー安全保障というメガトレンドのテーマで長期的な投資機会を追求することを目的とした「永久インフラ戦略」を新たに立ち上げる計画を発表した。

ブラックロックは、世界のエネルギー転換を推進するために、インフラ事業者と長期的に協力し、企業が長期的に低炭素なビジネスモデルへ移行することを積極的に支援すると表明している。

ブラックロックによると、グリーン経済への移行が始まり、インフラ部門に広く「ステップ・チェンジ」をもたらし、いくつかの分野で投資機会が生まれていることから、新たな戦略を確立するとしている。本戦略では、エネルギー転換とエネルギー安全保障への投資に加え、デジタル・コミュニティ・インフラ、持続可能なモビリティ、循環型経済などの分野をターゲットにする予定だ。また、電力会社、エンドツーエンドの再生可能インフラプレーヤー、データセンター、グリッドデジタル化技術、バッテリー貯蔵システム、水素適応型天然ガス貯蔵・輸送設備などの事業への資本投入を目指す。

世界的なエネルギー転換と脱炭素経済への移行に伴い、複数の大手オルタナティブ投資会社が長期的な投資機会を求めて準備を進めている中、本戦略が発表された。プライベート・エクイティ企業の Apollo と Blackstone はそれぞれ、今後10年間でエネルギー転換と気候変動対策に1,000億ドル(約13兆円)の投資機会を見込んでいると最近発表し、過去数カ月の間にエネルギー転換に特化したプラットフォームを立ち上げている。

【参照ページ】
(原文)BlackRock to establish perpetual infrastructure strategy
(日本語訳)BlackRock、エネルギー転換のメガトレンドに着目したインフラストラクチャー戦略を開始

関連記事

ESG開示に関する上場企業100社比較データへのリンク

ピックアップ記事

  1. 2022-6-25

    Workivaのサーベイ:自社のESGデータを7割以上の経営幹部が信頼をしていない

    6月23日、ビジネスデータ・報告ソリューションプロバイダーのWorkivaが発表した新しい調査によ…
  2. 資産運用会社Oaktree、ポートフォリオのGHG排出量を測定・報告することを約束

    2022-6-25

    資産運用会社Oaktree、ポートフォリオのGHG排出量を測定・報告することを約束

    6月22日、オルタナティブ投資に特化したグローバルな資産運用会社であるOaktree(オークツリー…
  3. 2022-6-25

    Brookfield、過去最大のネット・ゼロ移行ファンドで約2兆円を調達

    6月22日、グローバルなオルタナティブ資産投資家であるBrookfield(ブルックフィールド・ア…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る