Schroder、SDGsにフォーカスした新グローバル株式ファンドでインパクト投資ラインナップを拡充

シュローダー、SDGsにフォーカスした新グローバル株式ファンドでインパクト投資ラインナップを拡充

2月20日、世界的な投資運用会社Schroderは、国連の持続可能な開発目標(SDGs)に取り組むソリューションとアクションを持つ企業に投資することを目的とした新しい上場Schroder International Selection Fund (Schroder ISF) Global Equity Impactのローンチを発表した。

Schroderによると新ファンドのローンチは、パブリック・エクイティに焦点を当てたインパクト戦略に対する顧客からの需要が高まる中でのことである。Schroderはここ数年、インパクト投資マネジャーであるブルーオーチャードの株式の過半数を2019年に取得し、2020年にはグローバル・インパクト投資ネットワーク(GIIN)に加盟するなど、インパクト商品の提供と能力を強化するための一連の取り組みを進めてきた。

新ファンドは、EUのSFDR規制の第9条ファンドに分類され、地球を保護し、世界的な生活の質を向上させることを目的として、2015年に「持続可能な開発のための2030アジェンダ」の一部として採択された国連SDGs(17分類の目標)に焦点を当て、健康と福祉、金融包摂、持続可能なインフラ、責任ある消費と生産といった主要テーマに取り組むあらゆる分野の企業に投資する。

Schroderによると本ファンドは、社会にポジティブなインパクトを与え、投資家に魅力的な長期リターンをもたらすという2つの成果を目標としている。同ファンドは、Schroderの米国中小型株チームと欧州株専門チームの協力により設立され、BlueOrchardの専門知識を活用する。

新ファンドはJoanna WaldとPaul Griffinが共同で運用する。

【参考ページ】
(原文)Schroders launches Article 9 global equity impact fund
(日本語参考訳)Schroder、SDGsにフォーカスした新グローバル株式ファンドでインパクト投資ラインナップを拡充

関連記事

“ホワイトペーパーへのリンク"

おすすめ記事

  1. ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…
  2. CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    2024-5-7

    CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    CSRD(Corporate Sustainability Reporting Directive…
  3. ESG投資とは。改めて考える重要性とESG経営のメリット・今後の課題

    2024-4-30

    ESG投資とは。改めて考える重要性とESG経営のメリット・今後の課題

    ESG投資の流れは国内外において拡大を続けている分野であり、注目を集めている。投資家のニーズに応え…

ピックアップ記事

  1. 2024-7-11

    ISO、ネット・ゼロ達成に向けた国際基準策定開始

    6月27日、国際標準化機構(ISO)はネット・ゼロに向けた初の国際基準の策定を開始したことを発表し…
  2. 2024-7-10

    Accenture、ESGに関する新たなレポートを公表

    6月26日、Accentureは「ESGレポート:コンプライアンスから競争優位性へ」という新たなレ…
  3. 2024-7-9

    CO2 AI、大規模な製品のカーボンフットプリントを計算するソリューションを発表

    サステナビリティ・プラットフォーム提供会社のCO2 AI は、企業が製品のカーボンフットプリント(…
ページ上部へ戻る