RWE、2030年までに石炭から撤退することを約束

 

10月4日、ドイツ最大の電力会社であるRWEは、石炭火力発電からの撤退を大幅に加速し、目標を8年前倒しして2020年に実施すると発表した。同社によると、撤退を加速する決定により、約2億8000万トンの石炭が地中に残り、2億8,000万トンのCO2が排出されなくなるという。

RWEによると、今回の決定は同社と連邦経済・気候保護省、ノルトライン=ヴェストファーレン州経済・産業・気候変動・エネルギー省との間の合意の一部である。

昨年、ドイツの新政権は、石炭火力発電からの撤退を加速させることを含むクリーンエネルギー戦略を打ち出した。今年初めには、2030年までに国内の電力需要の80%を自然エネルギーで賄うという目標を含め、今後数年間で自然エネルギー開発を大幅に増加させることを承認する一連の法律を可決している。

RWEは、石炭が段階的に廃止されてもドイツのエネルギー供給がリスクにさらされないようにするため、”風力発電所や太陽光発電所の大規模な拡張、貯蔵施設、将来的に水素で運用できる最新鋭のガス火力発電所の形で追加的に確保した容量 “など、エネルギー転換に向けた大規模な投資と開発の必要性を強調した。

RWEは、2030年までにグリーンコア事業でこれらの技術を推進するために、ドイツに計上した150億ユーロ(約2兆1,207億円)を含め、世界で500億ユーロ(約7兆691億円)以上を投資すると述べている。

また、同社は石炭からの撤退が従業員に与える影響についても認めており、10年末に向けて人員削減が加速する見込みである。RWEは、人員削減を「社会的責任のある方法」で実施するつもりであると述べており、これには若手従業員に対し、社内または他の雇用主での機会について概要を説明し、大規模な資格取得や再教育の措置を講じることも含まれるという。

【参照ページ】
(原文)Agreement on coal phase-out 2030 and strengthening security of supply in the energy crisis
(日本語訳)RWE、2030年までに石炭から撤退することを約束

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-12

    欧州監督機構、グリーンウォッシングに関する最終報告書を発表

    6月4日、ESMA(欧州証券市場監督機構)EBA(欧州銀行機構)・EIOPA(欧州保険・企業年金監…
  2. 2024-6-11

    H&M、SBTiの目標基準におけるカーボンオフセットの使用に懸念を表明

    6月5日、H&Mグループは、SBTi(Science Based Targets init…
  3. 2024-6-10

    アサヒ飲料、自動販売機で回収したCO2を道路材料に活用開始

    5月24日、アサヒ飲料は、前田道路株式会社と共同で、「CO2を食べる自販機(自動販売機の庫内に二酸…
ページ上部へ戻る