シュナイダーエレクトリック、データセンターの環境への影響を測定・対処するフレームワークを発表

シュナイダーエレクトリック、データセンターの環境への影響を測定・対処するフレームワークを発表

エネルギーとオートメーションのデジタルソリューションを提供するシュナイダーエレクトリック社は、環境に配慮した持続可能なデータセンターのための包括的なフレームワークを発表した。事業者が環境への影響を測定し軽減することを目的としている。同社によると、データセンターは世界の二酸化炭素排出量の最大2%を占めており、これは航空業界の排出量に匹敵する。データセンターへの需要が急速に高まる中、環境への影響に対応する必要性が高まっている。

シュナイダーエレクトリック社のフレームワークは23の主要指標を用いて、取り組むべき5つの影響分野を提案している。5つの分野とは、エネルギー、GHG排出量、水、廃棄物、土地・生物多様性。このフレームワークは、ESGの専門家、サステナビリティコンサルタント、データセンターの科学者、データセンターのソリューションアーキテクトの専門知識を活用して、同社のエネルギー管理研究センターによって開発された。

同社によると、標準化されたサステナビリティ指標を追跡・報告することで、社内チームの連携を改善し、透明性を高めることができるという。また、このフレームワークを利用することで測定基準の選択の難しさを解消し、持続可能性の目標に関するコミュニケーションを改善し、データに基づいてオペレーションを改善し、外部のステークホルダーへの定期的な報告を可能にし、同業他社とのベンチマークを標準化することができる。

【参照ページ】
(原文)Schneider Electric Launches Framework to Measure and Address Environmental Impact of Data Centers
(日本語訳)シュナイダーエレクトリックがデータセンターの環境への影響を測定して対処するためのフレームワークを発表

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-21

    人口戦略会議、全国の地方自治体の「持続可能性」について分析

    4月22日、民間団体・人口戦略会議は「地方自治体「持続可能性」分析レポート」を公表。昨年12月に公…
  2. 2024-5-21

    金融庁、主要国のサステナビリティ情報の開示・保証について報告書を発表

    4月17日、金融庁は「主要国のサステナビリティ情報等の開示・保証の動向に関する調査」をEY新日本有…
  3. 2024-5-16

    CEO半数以上がサステナビリティの優先順位が高いと回答(EY調査)

    5月7日、EYの調査によるとサステナビリティと気候変動に関する課題は、グローバルの経営層の間で再び…
ページ上部へ戻る