酒類大手AB InBev、2040年までのバリューチェーン排出量ゼロ目標にコミット

酒類大手AB InBev、2040年までのバリューチェーン排出量ゼロ目標にコミット

ビール大手のアンハイザー・ブッシュ・インベブ(以下、AB InBev)は、2040年までに農業、醸造、パッケージ、物流、製品廃棄などのバリューチェーン全体で、ネット・ゼロ・エミッションを達成するという新たなコミットメントを発表した。

食品・飲料セクターの排出量は、世界のGHG排出量の約3分の1を占めており、その大部分は、企業の事業活動からの「直接排出」ではなく、食品・飲料企業のサプライチェーンからの排出であるため、取り組みが最も難しい分野の一つとなっている。

AB InBev社によると、2020年には、同社が直接管理できないスコープ3の排出量がフットプリント全体の85%以上を占めており、パッケージが同社のGHG排出量の36.4%を占め、次いで製品の冷却、醸造作業、農業、物流、醸造原料の転換、使用済み製品からの排出量となっている。同社は、バリューチェーンのパートナーと協力して、これらの排出量に対処するための革新的なソリューションを開発していくと述べた。

AB InBev社のCEOであるMichel Doukeris氏は、2040年までにネット・ゼロを達成するためのアプローチについて、画期的な技術を持つサプライヤーや小売業者、新興企業との協力、より広範な業界との連携、サプライチェーン上の農家との連携、地域のイノベーションを促進するための投資を通じた事業およびバリューチェーン全体での地域の排出削減の優先順位付けなどが必要と述べた。

バリューチェーン全体での主な活動や機会としては、農家と協力した栄養管理、バイオ燃料やバイオマスへの転換、エネルギー回収の実施、リサイクル率の向上、低炭素包装ソリューションの拡大、再生可能な電力や熱ソリューションの実施、代替燃料トラックの導入、より効率的な冷蔵、地域でのリサイクルの促進、廃棄物の削減などが挙げられた。

【参照ページ】
(原文)Beer Giant Ab InBev Commits to Net Zero Emissions Across Value Chain by 2040

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-24

    旭化成、三井化学、三菱ケミカル、カーボンニュートラル実現に向け3社連携

    5月8日、旭化成、三井化学、三菱ケミカルは、西日本に各社が保有するエチレン製造設備について、カーボ…
  2. 2024-5-22

    資生堂、男性社員の育休取得率100%達成

    4月10日、資生堂は、国内資生堂グループ男性社員の育児休業取得率100%を達成したと発表した。 …
  3. 2024-5-22

    環境省、「環境デュー・ディリジェンスに関する取組事例集」更新

    4月11日、環境省は「環境デュー・ディリジェンス(環境DD)に関する取組事例集」の更新版を公表した…
ページ上部へ戻る