Kering、バリューチェーン全体で絶対排出量40%削減を約束

Kering、バリューチェーン全体で絶対排出量40%削減を約束

3月17日、ラグジュアリーブランドグループのKeringは、2035年までに同社のバリューチェーン全体(Scope1、2、3排出量を含む)で温室効果ガス排出量を2021年基準で40%削減することを目標とする、新たな気候変動コミットメントを発表した。

本目標は、同社が以前から掲げていた排出量目標を更新するもので、2015年を基準として、2030年までにScope 1と2の絶対排出量を90%、Scope 3の強度を70%削減するとしている。2021年末までに、Keringは両目標を前倒しで達成し、スコープ1と2の削減率は70%に達し、スコープ3の排出強度は47%減少している。

今回のコミットメント更新により、Keringのスコープ3目標は、これまでの原単位削減目標から、絶対的な排出量削減目標に変更された。さらに、絶対的な排出量削減目標には、カーボンオフセットの利用は含まれない。

Keringの2021年気候戦略報告書には、同社のスコープ3排出削減戦略のいくつかが概説されており、その中には、繊維サプライチェーンにおける材料、化学、水、エネルギーの効率を高めるプログラム、サプライチェーンを通じて再生可能エネルギーの使用を増やす、排出量の少ない輸送手段への移行、原材料調達におけるより循環型のアプローチの採用、単一使用プラスチックパッケージの削減が含まれている。

【参照ページ】
(原文)Kering commits to next horizon in sustainability with group-wide target for reducing absolute emissions by 40%
(日本語参考訳)Kering、バリューチェーン全体で絶対排出量40%削減を約束

関連記事

⾮財務情報を企業価値として評価する取り組み事例集へのリンク

ピックアップ記事

  1. ウォルマート、サプライチェーン排出量10億トン削減目標を2030年目標より6年前倒しで達成

    2024-2-28

    Walmart、サプライチェーン排出量10億トン削減目標を2030年目標より6年前倒しで達成

    2月21日、小売大手のWalmartは、製品サプライチェーン全体で温室効果ガス排出量を10億トン削…
  2. クリーンエネルギー・プロバイダーGeoPura、グリーン水素の普及加速のため約100億円を調達

    2024-2-28

    GeoPura、グリーン水素の普及加速のため約100億円を調達

    2月22日、クリーンエネルギー・プロバイダーのGeoPuraは、同社の発電技術の生産拡大と展開拡大…
  3. SIX、銀行が中小企業のサステナビリティを評価できるソリューションを発表

    2024-2-28

    SIX、銀行が中小企業のサステナビリティを評価できるソリューションを発表

    2月22日、金融市場インフラのプロバイダーであるSIXとサステナビリティ・レポーティング・ソフトウ…

アーカイブ

ページ上部へ戻る