Moody’s、EVORA Globalと提携し、不動産投資家に気候リスクデータを提供

 

不動産のサステナビリティに関するコンサルティング会社であるEVORA GlobalとMoody’s ESG Solutions Groupは、不動産投資家に対して物理的気候リスクの透明性を高めることを目的とした新しいパートナーシップを発表した。

この新しいパートナーシップのもと、ムーディーズESGソリューションズのClimate on Demand

リスク分析は、EVORA GlobalのESGデータ管理プラットフォームSIERAに統合され、EVORAの新しい物理的気候リスク(PCR)モジュールを強化する。この新しいPCRモジュールは、洪水、ハリケーン・台風、海面上昇、山火事、熱ストレス、水ストレスなどの気候変動関連のハザードに対するハザード・エクスポージャーとリスク・スコアについて、資産およびファンド・レベルでの洞察を提供する。

ムーディーズのClimate on Demandツールは、世界中のあらゆる場所を対象に、2030年から2040年までの気候災害へのエクスポージャーをスコアリングし、ユーザーはリスクドライバーにドリルダウンして、各災害の異なる次元のリスクを示す基本的な指標を調べることができる。

SIERAプラットフォームは、物理的な気候リスクデータを、炭素排出量などの他のESGデータと合わせて分析する。これにより、ユーザーは資産のリスクと機会を1つのプラットフォームで理解し、ポートフォリオ全体の回復力を高め、情報に基づいたデータ駆動型の投資決定を行うことができる。

【参照ページ】
(原文)EVORA Global announces partnership with Moody’s ESG Solutions to drive physical climate risk transparency for real asset investors
(日本語訳)Moody’s、EVORA Globalと提携し、不動産投資家に気候リスクデータを提供

関連記事

“ホワイトペーパーへのリンク"

おすすめ記事

  1. ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…
  2. CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    2024-5-7

    CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    CSRD(Corporate Sustainability Reporting Directive…
  3. ESG投資とは。改めて考える重要性とESG経営のメリット・今後の課題

    2024-4-30

    ESG投資とは。改めて考える重要性とESG経営のメリット・今後の課題

    ESG投資の流れは国内外において拡大を続けている分野であり、注目を集めている。投資家のニーズに応え…

ピックアップ記事

  1. 2024-7-3

    自然エネルギー財団、新エネルギー基本計画に向けて新シナリオを発表

    6月19日、自然エネルギー財団は「脱炭素へのエネルギー転換シナリオ:2035年自然エネ…
  2. 「ヒューマン・サステナビリティ(ウェルビーイング)」に関する調査結果を発表(Deloitte)

    2024-7-3

    「ヒューマン・サステナビリティ(ウェルビーイング)」に関する調査結果を発表(Deloitte)

    6月18日、グローバル・プロフェッショナル・サービス・ファームであるDeloitteは新たに職場環…
  3. 2024-7-1

    ISSB、気候関連の情報開示促進のために英TPT・GHGプロトコル・GRI等と連携する計画を示す

    6月24日、IFRS財団の国際サステナビリティ基準審議会(ISSB)は、企業の気候関連の情報開示を…
ページ上部へ戻る