responsAbilityとESG-AM、産業界の脱炭素化をリードする企業を対象とした債券ファンドを設立

responsAbilityとESG-AM、産業界の脱炭素化をリードする企業を対象とした債券ファンドを設立

6月29日、投資会社responsAbilityと資産運用会社ESGアセットマネジメント(ESG-AM)は、「Transition to Net Zero Bond Fund」の立ち上げを発表した。同ファンドは、CO2排出量の削減と温室効果ガス(GHG)排出量のネット・ゼロを長期的に達成するための措置を講じている企業に焦点を当てる。

responsAbilityによると、初期ポートフォリオの債券の約70%は、GHG排出量の削減で最もレバレッジが大きい産業部門に、25%は金融サービス部門に、約5%は公益事業部門に配分される。国別では、米国が40%、英国が13%、ドイツが9%、フランスが8%と、ポートフォリオの大部分を占めている。

同ファンドの戦略の一例として、投資会社は建材会社のHolcim保有を強調した。建材メーカーは、その主要製品の炭素強度が高いため、気候変動対策においてますます注目されている。Holcimは、新しいタイプのセメントを開発し、廃棄物由来の燃料の使用を増やし、また、避けられない炭素排出を回収するパイロットプラントを運営している。

Transition to Net Zero Bond Fundは、EU SFDRの第9条ファンドに分類され、設立のための初期シード資金はドイツとスイスの機関投資家から提供されている。

【参照ページ】
(原文)responsAbility and ESG-AM launch Transition to Net Zero Bond Fund
(日本語訳)レスポンスアビリティとESG-AMが「Transition to Net Zero Bond Fund」をローンチ

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-8

    IBM、ESGデータプラットフォームにCSRD対応機能を追加

    4月30日、IBMは、ESGデータの収集、分析、報告プ​​ラットフォーム「IBM Envizi」の…
  2. 2024-5-8

    IFRS、EFRAG、ISSB/CSRD報告基準に双方に対応する企業向けガイダンスを発行

    5月2日、IFRS財団と欧州財務報告諮問グループ(EFRAG)は、ESRS-ISSB基準の相互に共…
  3. 2024-5-7

    CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    CSRD(Corporate Sustainability Reporting Directive…
ページ上部へ戻る