IFRS傘下のISSBとGRI、情報開示基準の統一に合意

 

3月24日、IFRS財団とGRIは、持続可能性報告に関する資本市場及びマルチステークホルダー基準の調和を図るための新たな合意を発表した。

2021年11月のCOP26で、IFRS財団は、IFRSサステナビリティ開示基準の開発を目的とした国際サステナビリティ基準委員会(ISSB)を立ち上げた。国・地域が単独で使用したり、より広範な報告フレームワークに組み入れることができる開示要求のグローバルベースラインを提供することを目的としている。

ISSBの発足にあたり、IFRSは、サステナビリティ報告基準の主要機関である気候変動開示基準委員会(CDSB)と価値報告財団(VRF)をIFRS財団に統合することも発表している。

新しい協力協定のもと、ISSBとGRI持続可能性基準の策定を一手に引き受ける独立運営団体であるグローバル・サステナビリティ基準委員会(GSSB)は、それぞれの作業プログラムと基準設定活動の調整を図ることになる。さらに、IFRS財団とGRIは、持続可能性報告活動に関連する互いの協議機関に参加することになる。

【参照ページ】
(原文)IFRS Foundation and GRI to align capital market and multi-stakeholder standards to create an interconnected approach for sustainability disclosures
(日本語訳)IFRS傘下のISSBとGRI、情報開示基準の統一に合意

関連記事

SmartESGへのリンク

ピックアップ記事

  1. responsAbility、持続可能な食糧戦略のために約355億円超を調達

    2023-1-31

    responsAbility、持続可能な食糧戦略のために約355億円超を調達

    1月23日、持続可能な投資会社であるresponsAbilityは、世界の農業と食品のバリューチェ…
  2. LenovoとKuehne+Nagel、SAFの購入で輸送時の排出量をオフセットするソリューションで提携

    2023-1-31

    LenovoとKuehne+Nagel、SAFの購入で輸送時の排出量をオフセットするソリューションで提携

    1月24日、コンピュータメーカーのLenovoは、顧客がIT製品の輸送に伴う二酸化炭素排出量を最小…
  3. NYCの年金基金、大手銀行に対し厳しい排出量目標を提案

    2023-1-30

    NYCの年金基金、大手銀行に対し厳しい排出量目標を提案

    1月24日、ニューヨーク市の3つの退職年金基金と市会計監査官Brad Landerは、北米の大手銀…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る