IFRS傘下のISSBとGRI、情報開示基準の統一に合意

 

3月24日、IFRS財団とGRIは、持続可能性報告に関する資本市場及びマルチステークホルダー基準の調和を図るための新たな合意を発表した。

2021年11月のCOP26で、IFRS財団は、IFRSサステナビリティ開示基準の開発を目的とした国際サステナビリティ基準委員会(ISSB)を立ち上げた。国・地域が単独で使用したり、より広範な報告フレームワークに組み入れることができる開示要求のグローバルベースラインを提供することを目的としている。

ISSBの発足にあたり、IFRSは、サステナビリティ報告基準の主要機関である気候変動開示基準委員会(CDSB)と価値報告財団(VRF)をIFRS財団に統合することも発表している。

新しい協力協定のもと、ISSBとGRI持続可能性基準の策定を一手に引き受ける独立運営団体であるグローバル・サステナビリティ基準委員会(GSSB)は、それぞれの作業プログラムと基準設定活動の調整を図ることになる。さらに、IFRS財団とGRIは、持続可能性報告活動に関連する互いの協議機関に参加することになる。

【参照ページ】
(原文)IFRS Foundation and GRI to align capital market and multi-stakeholder standards to create an interconnected approach for sustainability disclosures
(日本語訳)IFRS傘下のISSBとGRI、情報開示基準の統一に合意

関連記事

SmartESGへのリンク

ピックアップ記事

  1. 2022-5-25

    WBA、日本企業の人権に関するパフォーマンスを分析

    5月17日、ビジネスにおけるSDGs推進国際NGOのWorld Benchmarking Alli…
  2. 2022-5-25

    東京証券取引所、9月からカーボン・クレジット試行取引を開始

    5月16日、株式会社日本取引所グループ(JPX)は、経済産業省が実施する委託事業「令和3年度補正カ…
  3. 海

    2022-5-25

    UNEP、海洋石油・ガスの探査・生産に伴う財務リスクと環境影響に関するレポート発行

    5月、国連環境計画(UNEP)は、 海洋石油・ガスの探査・生産に伴う財務リスクと環境影響を分析した…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る