StellantisとLG、カナダに5,000億円超のEVバッテリー工場を設立

 

3月23日、Stellantis and LG Energy Solution (LGES)は、Stellantisの北米における車両生産要件をサポートするため、カナダに41億ドル(約5,036億円)の大規模EVバッテリー工場を設立する計画を発表した。

オンタリオ州ウィンザーに建設される工場では、リチウムイオン電池セルとモジュールを生産し、年間生産能力45GWh超を目指す。建設活動は2022年後半に開始し、2024年の第1四半期に生産運転を開始する予定だ。

今月初め、Stellantisは新たな戦略計画「Dare Forward 2030」を発表した。2030年までにバッテリー電気自動車(BEV)の年間販売台数を500万台とし、欧州では100%、米国では50%のBEV販売構成を目指すなど、同社の車両の電動化を大きく加速させる想定をしている。また、2030年の電池容量の目標を260GWhから400GWhに引き上げた。

【参照ページ】
(原文)Stellantis and LG Energy Solution to Invest Over $5 Billion CAD in Joint Venture for First Large Scale Lithium-Ion Battery Production Plant in Canada
(日本語訳)StellantisとLG、カナダに5、000億円超のEV用電池工場を設立

関連記事

サスティナビリティ情報開示の潮流へのリンク

ピックアップ記事

  1. SBTi、気候目標の基準設定と検証部門を分離し、信頼性を高める

    2023-9-20

    SBTi、気候目標の基準設定と検証部門を分離し、信頼性を高める

    9月13日、企業の環境サステナビリティ行動を気候変動の抑制という世界的目標に合致させることに焦点を…
  2. EU委員会、すべての金融商品にサステナビリティに関する開示を義務付けることを検討

    2023-9-20

    EU委員会、すべての金融商品にサステナビリティに関する開示を義務付けることを検討

    9月14日、EU委員会は、持続可能な金融情報開示に関するコンサルテーションを開始すると発表した。 …
  3. マース、2030年までにバリューチェーン全体で排出量半減を約束

    2023-9-19

    マース、2030年までにバリューチェーン全体で排出量半減を約束

    9月14日、スナック菓子、食品、ペットケア製品を提供するマースは、2030年までにバリューチェーン…

アーカイブ

ページ上部へ戻る