StellantisとLG、カナダに5,000億円超のEVバッテリー工場を設立

 

3月23日、Stellantis and LG Energy Solution (LGES)は、Stellantisの北米における車両生産要件をサポートするため、カナダに41億ドル(約5,036億円)の大規模EVバッテリー工場を設立する計画を発表した。

オンタリオ州ウィンザーに建設される工場では、リチウムイオン電池セルとモジュールを生産し、年間生産能力45GWh超を目指す。建設活動は2022年後半に開始し、2024年の第1四半期に生産運転を開始する予定だ。

今月初め、Stellantisは新たな戦略計画「Dare Forward 2030」を発表した。2030年までにバッテリー電気自動車(BEV)の年間販売台数を500万台とし、欧州では100%、米国では50%のBEV販売構成を目指すなど、同社の車両の電動化を大きく加速させる想定をしている。また、2030年の電池容量の目標を260GWhから400GWhに引き上げた。

【参照ページ】
(原文)Stellantis and LG Energy Solution to Invest Over $5 Billion CAD in Joint Venture for First Large Scale Lithium-Ion Battery Production Plant in Canada
(日本語訳)StellantisとLG、カナダに5、000億円超のEV用電池工場を設立

関連記事

ESG開示に関する上場企業100社比較データへのリンク

ピックアップ記事

  1. 2022-5-25

    WBA、日本企業の人権に関するパフォーマンスを分析

    5月17日、ビジネスにおけるSDGs推進国際NGOのWorld Benchmarking Alli…
  2. 2022-5-25

    東京証券取引所、9月からカーボン・クレジット試行取引を開始

    5月16日、株式会社日本取引所グループ(JPX)は、経済産業省が実施する委託事業「令和3年度補正カ…
  3. 海

    2022-5-25

    UNEP、海洋石油・ガスの探査・生産に伴う財務リスクと環境影響に関するレポート発行

    5月、国連環境計画(UNEP)は、 海洋石油・ガスの探査・生産に伴う財務リスクと環境影響を分析した…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る