不動産ESGデータ提供のMeasurabl、約129億円を調達

不動産ESGデータ提供のMeasurabl、約129億円を調達

5月31日、不動産に特化したESGデータ技術プロバイダーであるMeasurablは、9,300万ドル(約129億円)を調達したことを発表した。今回の資金調達は、プラットフォームの拡大、国際展開やグローバルパートナーシップのための資金調達を目的としている。

2013年に設立されたMeasurablは、商業用、住宅用、企業用不動産の所有者や資産管理者がESGデータを測定、管理、報告できるデータ管理プラットフォームを提供し、物理的気候リスクへのエクスポージャーの評価と軽減、規制への対応、建物の脱炭素化への取り組み、持続可能な金融機会のサポートを行っている。本プラットフォームは現在、93カ国で160億平方フィート以上の不動産、2兆ドル(約277兆円)以上の資産価値をカバーしている。

今回のシリーズD資金調達ラウンドは、Measurablが2021年に行った5,000万ドル(約69億円)のシリーズC資金調達に続くものである。先行ラウンドを終えてから、同社はユーティリティデータの自動化や住宅不動産ソフトウェアプラットフォームのWegoWise、脱炭素に特化したスマートビルディングのプラットフォームプロバイダーのHatch Dataなどの企業を買収した。

同社は、今回の資金調達により、ESGツールとサービスのプラットフォームへの統合を進め、資産最適化製品とエンタープライズESG製品を統合し、グローバル化した顧客サポートとパートナーネットワークに投資すると述べている。また、Measurablは、アジア太平洋地域のような新しい市場を含め、国際的な拡大努力も続けていく予定である。

今回の資金調達ラウンドは、ベンチャーキャピタル投資家のEnergy Impact PartnersとSway Venturesが主導し、Moderne Ventures、WVV、Suffolk Construction、Broadscale、Camber Creek, Salesforce Ventures, Building Ventures, Constellation Technology Ventures, Concrete Ventures, RET Ventures, Colliers, Lincoln Property Company等の投資家が参加した。

【参照ページ】
(原文)Measurabl Closes $93 Million Series D to Fuel Global Expansion of Market-Leading Real Estate ESG Platform
(日本語参考訳)不動産ESGデータ提供のMeasurabl、約129億円を調達

関連記事

サスティナビリティ情報開示の潮流へのリンク

ピックアップ記事

  1. ウォルマート、サプライチェーン排出量10億トン削減目標を2030年目標より6年前倒しで達成

    2024-2-28

    Walmart、サプライチェーン排出量10億トン削減目標を2030年目標より6年前倒しで達成

    2月21日、小売大手のWalmartは、製品サプライチェーン全体で温室効果ガス排出量を10億トン削…
  2. クリーンエネルギー・プロバイダーGeoPura、グリーン水素の普及加速のため約100億円を調達

    2024-2-28

    GeoPura、グリーン水素の普及加速のため約100億円を調達

    2月22日、クリーンエネルギー・プロバイダーのGeoPuraは、同社の発電技術の生産拡大と展開拡大…
  3. SIX、銀行が中小企業のサステナビリティを評価できるソリューションを発表

    2024-2-28

    SIX、銀行が中小企業のサステナビリティを評価できるソリューションを発表

    2月22日、金融市場インフラのプロバイダーであるSIXとサステナビリティ・レポーティング・ソフトウ…

アーカイブ

ページ上部へ戻る