IRENAのETAFプラットフォーム、資金コミットメントが5,700億円超え

12月5日、国際再生可能エネルギー機関(IRENA)は、新たに4社のパートナーが加わったことにより、発展途上国でのエネルギー移行促進マルチステークホルダー型気候変動ファイナンスプラットフォーム「Energy Transition Accelerator Financing(ETAF)」に対する資金コミットメントは40億5,000万ドル(約5,700億円)に達し、COP28の当初の目標を4倍以上上回ったと発表した。

アラブ首長国連邦(UAE)の支援を受けて2021年に設立された本プラットフォームは、途上国における国家決定貢献(NDC)に貢献する再生可能エネルギープロジェクトを拡大すると同時に、エネルギーアクセスと安全保障の強化を通じて地域社会に利益をもたらし、経済発展を促進することを目的としている。

COP28では、欧州復興開発銀行(EBRD)、HSBC、国際金融公社(IFC)、多国間投資保証機関(MIGA)との協力協定がIRENAと締結された。

合意に基づき、EBRDはプラットフォームに最大10億ドル(約1,400億円)を約束した。 IFCは最大10億ドル(約1,400億円)、 HSBCは最大2億ドル(約300億円)。MIGAは、選択されたETAFプロジェクトに対して保証とリスク軽減商品を提供する。

イベント中、2023年初めにETAFに2億5,000万ドル(約350億円)の拠出を約束したOPEC基金は、プラットフォームに申請する適格プロジェクトに技術支援を提供することを目的とした追加の補助金40万ドル(約6,000万円)を約束する補足協定に署名した。

本発表は、エミレーツ開発銀行がETAFに3億5,000万ドル(約500億円)を拠出、イスラム開発銀行が2億5,000万ドル(約350億円)を割り当て、イスラム投資輸出信用保険会社がリスク回避商品を提供するなど、いくつかの重要な協定に署名した数日後に行われた。

ETAFプラットフォームは現在合計13のパートナーに達している。ETAF の他の主要パートナーには、アブダビ開発基金、アジアインフラ投資銀行、マスダール、スイス RE、OPEC 基金、米州開発銀行が含まれる。

【参照ページ】
(原文)Renewables Receive Major Boost with Pledges to IRENA’s ETAF Platform Exceeding USD 4 Billion
(日本語参考訳)IRENAのETAF プラットフォーム、資金コミットメントが5,700億円超え

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-12

    欧州監督機構、グリーンウォッシングに関する最終報告書を発表

    6月4日、ESMA(欧州証券市場監督機構)EBA(欧州銀行機構)・EIOPA(欧州保険・企業年金監…
  2. 2024-6-11

    H&M、SBTiの目標基準におけるカーボンオフセットの使用に懸念を表明

    6月5日、H&Mグループは、SBTi(Science Based Targets init…
  3. 2024-6-10

    アサヒ飲料、自動販売機で回収したCO2を道路材料に活用開始

    5月24日、アサヒ飲料は、前田道路株式会社と共同で、「CO2を食べる自販機(自動販売機の庫内に二酸…
ページ上部へ戻る