OMVとインターゼロ、欧州最大ケミカルリサイクル・プラント建設

10月31日、オーストリア化学大手OMVは、ケミカルリサイクル用の原料を生産するために、ドイツ廃棄物リサイクルインターゼロが開発した革新的な選別プラントを建設するという最終投資決定を発表した。 OMVは、ドイツ南部ヴァルデュルンに本施設を建設するために、総額1億7,000 万ユーロ(約240億円)以上を投資する。 OMVは合弁会社の株式の89.9%を保有し、10.1%はインターゼロに帰属する。

新しい工場の生産開始は2026年を予定。本工場では約120人の新規雇用が創出される。

本選別施設は、インターゼロの設備と、OMVが開発した特許取得済みのケミカルリサイクル技術「ReOil」を統合。機械的にリサイクルできないプラスチック廃棄物を貴重な資源である熱分解油に変換する。

インターゼロはドイツで軽量包装用の5つの選別工場を運営しており、年間 80万トンを超えるドイツの軽量包装廃棄物の約3分の1を選別している。 同社が開発した選別施設は、年間最大26万トンの混合廃プラスチックを処理できる。 新しい施設で使用される選別プロセスはすでに工業規模でテストされており、製品はOMVのReOilパイロットプラントで原料として正常に処理されている。

年間16,000トンの生産能力を持つ新しい ReOilプラントは現在、オーストリアにあるOMVのシュヴェヒャート工場で建設中である。 既存のパイロットプラントと同様に、新プラントは国際サステナビリティおよび炭素認証(ISCC PLUS)を取得し、サプライチェーン全体のトレーサビリティを保証し、バリューチェーンがすべての環境基準および社会基準を満たしていることを保証する。

【参照ページ】
(原文)OMV and Interzero establish joint venture to build and operate Europe’s largest sorting facility for chemical recycling
(日本語参考訳)OMVとインターゼロ、欧州最大ケミカルリサイクル・プラント建設

関連記事

“ホワイトペーパーへのリンク"

おすすめ記事

  1. ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…
  2. CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    2024-5-7

    CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    CSRD(Corporate Sustainability Reporting Directive…
  3. ESG投資とは。改めて考える重要性とESG経営のメリット・今後の課題

    2024-4-30

    ESG投資とは。改めて考える重要性とESG経営のメリット・今後の課題

    ESG投資の流れは国内外において拡大を続けている分野であり、注目を集めている。投資家のニーズに応え…

ピックアップ記事

  1. 2024-7-11

    ISO、ネット・ゼロ達成に向けた国際基準策定開始

    6月27日、国際標準化機構(ISO)はネット・ゼロに向けた初の国際基準の策定を開始したことを発表し…
  2. 2024-7-10

    Accenture、ESGに関する新たなレポートを公表

    6月26日、Accentureは「ESGレポート:コンプライアンスから競争優位性へ」という新たなレ…
  3. 2024-7-9

    CO2 AI、大規模な製品のカーボンフットプリントを計算するソリューションを発表

    サステナビリティ・プラットフォーム提供会社のCO2 AI は、企業が製品のカーボンフットプリント(…
ページ上部へ戻る