ゼロエミッションの鉄鋼スタートアップElectra、120億円超を調達

 

10月6日、「グリーン・アイアン」企業のElectraは8,500万ドル(約123億円)の調達を発表した。

ビル・ゲイツが設立したBreakthrough Energy Ventures、Amazon、BHP Ventures、Temasek、S2G Venturesなどの投資家が同社を支援している。

2020年に設立されたElectraは、鉄鉱石を電気化学的に純鉄に精製するプロセスを開発し、同時に炭素排出をゼロにした。この方法では、プロセス温度を現行の1,600℃から60℃に大幅に下げ、石炭の代わりに断続的な再生可能エネルギーを使用し、商業鉱石の代わりに廃棄物として扱われることの多い低品位鉱石を利用する。

鉄鋼は、化石燃料の使用による直接排出量の7~9%を占める世界最大のCO2排出源であり、削減がより困難なセクターの一つである。世界の製造業がサプライチェーンの脱炭素化を目指す中、化石燃料を使用しない鉄鋼の需要は大幅に増加すると予想される。鉄鋼の排出量の90%は鉄鉱石から鉄への精錬に起因しているため、Electraのプロセスはこの問題を解決することを目的としている。

また、このプロセスは「グリーンプレミアム」ではなく、既存の製造方法と同じかそれ以下のコストであるとElectraは述べている。

【参照ページ】
(原文)Electra raises $85M to electrify and decarbonize iron and steelmaking with no green premium
(日本語訳)ゼロエミッションの鉄鋼スタートアップElectra、120億円超を調達

関連記事

サスティナビリティ情報開示の潮流へのリンク

ピックアップ記事

  1. ウォルマート、サプライチェーン排出量10億トン削減目標を2030年目標より6年前倒しで達成

    2024-2-28

    Walmart、サプライチェーン排出量10億トン削減目標を2030年目標より6年前倒しで達成

    2月21日、小売大手のWalmartは、製品サプライチェーン全体で温室効果ガス排出量を10億トン削…
  2. クリーンエネルギー・プロバイダーGeoPura、グリーン水素の普及加速のため約100億円を調達

    2024-2-28

    GeoPura、グリーン水素の普及加速のため約100億円を調達

    2月22日、クリーンエネルギー・プロバイダーのGeoPuraは、同社の発電技術の生産拡大と展開拡大…
  3. SIX、銀行が中小企業のサステナビリティを評価できるソリューションを発表

    2024-2-28

    SIX、銀行が中小企業のサステナビリティを評価できるソリューションを発表

    2月22日、金融市場インフラのプロバイダーであるSIXとサステナビリティ・レポーティング・ソフトウ…

アーカイブ

ページ上部へ戻る