マクドナルド、店内での飲み放題サービスを廃止へ

9月8日、ファーストフードチェーン米マクドナルドは、2032年までに米国店舗でのソフトドリンク飲み放題サービスを廃止すると発表した。

米国では、顧客はドリンク注文時に空のカップを手渡され、飲食スペースに設置されているディスペンサーから飲料を補給する。しかし、パンデミック以降、消費者行動の変化により、ドライブスルーやデリバリー・サービスが急増し、店舗での飲食客が減ったため、飲み放題サービスの需要は減少した。今後は、スタッフ側にディスペンサーを設置し、補充してから手渡す手法となる。

マクドナルドは今後、「CosMc’s」と呼ばれる、飲食スペースを縮小した新しいサステナブルな小型店舗の建設を計画している。

また、ハイテク・ドライブスルーの設置にも言及。マクドナルドの直近の決算報告によると、アプリやUberのような提携企業を通じての注文は現在、総売上高の40%を占めている。

【参照ページ】
(原文)McDonald’s is getting rid of self-serve soda machines
(日本語参考訳)マクドナルド、飲み放題サービスを廃止へ

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  2. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…
  3. 2024-3-26

    【さくっと読める】ESGスコアとは。基本的知識を解説。

    今月から、サスティナビリティ情報開示で関心の高いテーマについて、さくっと読める解説コラムを発行して…

ピックアップ記事

  1. 2024-4-12

    BCG支援のVC、Bキャピタル、気候変動プラットフォームのリードへ向け新たな幹部を発表

    4月8日、マルチステージのベンチャー投資会社であるBキャピタルは、気候変動投資プラットフォームの拡…
  2. 日本、IFRSベースのサステナビリティ報告基準案を公表

    2024-4-11

    SSBJ(サステナビリティ基準委員会)、IFRSベースのサステナビリティ報告基準案を公表

    4月3日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)は、IFRS財団の国際サステナビリティ基準委員会(…
  3. 2024-4-11

    ブラックロック、ESG政策を理由に1.3兆円の資産売却を決定したテキサス州を「無謀」とし、再考を促す

    3月21日、ブラックロックは、テキサス州教育委員会がエネルギー企業への「ボイコット」とESG投資慣…

アーカイブ

ページ上部へ戻る