米国エネルギー省、最先端のクリーンエネルギー技術に2.3兆円超を投資

米国エネルギー省、最先端のクリーンエネルギー技術に2.3兆円超を投資

米国エネルギー省(DOE)は12月21日、クリーン水素、炭素回収、小型モジュール炉、系統規模エネルギー貯蔵などの分野におけるクリーンエネルギー技術の実証プロジェクトを支援することを目的とした、DOEの新しいオフィス「Office of Clean Energy Demonstrations」の開設を発表した。

バイデン大統領が署名した「超党派インフラストラクチャー法(Bipartisan Inflastructure Law)」は2035年までに100%カーボンフリー電力を実現し、2050年までに正味ゼロ炭素経済を達成するという政権の目標を加速することを目的としており、クリーンエネルギーの実証と研究拠点に200億ドル(2.3兆円)以上の資金が計上されてる。次世代のクリーンエネルギーソリューションに焦点を当て、この法律ではクリーン水素技術に80億ドル、炭素回収、空気直接回収、産業排出削減などに100億ドル以上、先進原子力に25億ドルが割り当てられている。

実証プロジェクトは、革新的な技術の有効性を実環境に即して大規模に証明するものであり、また、実証プロジェクトは、民間部門からの後続投資を引き出し、新技術の広範な採用・展開を可能にすることを目的としている。

このオフィスのプログラムには、農村地域や経済的に打撃を受けたコミュニティでの実証プロジェクトに投資するための数十億ドルも含まれている。これは、恵まれないコミュニティや恵まれないコミュニティにクリーンエネルギー投資のメリットの40%を提供することを目的としたバイデン大統領のJustice40イニシアチブの重要な焦点だ。

【参照ページ】
(原文)DOE Establishes New Office of Clean Energy Demonstrations Under the Bipartisan Infrastructure Law
(日本語訳)米国エネルギー省、最先端のクリーンエネルギー技術に200億ドル

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-21

    人口戦略会議、全国の地方自治体の「持続可能性」について分析

    4月22日、民間団体・人口戦略会議は「地方自治体「持続可能性」分析レポート」を公表。昨年12月に公…
  2. 2024-5-21

    金融庁、主要国のサステナビリティ情報の開示・保証について報告書を発表

    4月17日、金融庁は「主要国のサステナビリティ情報等の開示・保証の動向に関する調査」をEY新日本有…
  3. 2024-5-16

    CEO半数以上がサステナビリティの優先順位が高いと回答(EY調査)

    5月7日、EYの調査によるとサステナビリティと気候変動に関する課題は、グローバルの経営層の間で再び…
ページ上部へ戻る