ミュンヘン再保険、新規石油・ガスプロジェクトに対する投資および保険カバーを終了

 

10月7日、欧州最大級の保険会社であり、世界最大の再保険会社であるミュンヘン再保険は、同社の脱炭素化目標を支える一連の新ガイドラインの一環として、今後、新たな石油・ガスプロジェクトに対する保険カバーや投資の提供を行わないことを発表した。

新ガイドラインは、2020年に発表されたミュンヘン再保険の「Ambition 2025」戦略に基づいている。本戦略では、会社の成長目標と収益目標に加えて、保険、再保険、投資活動の脱炭素化、2050年のネット・ゼロエミッション達成に向けた枠組みを定めている。「Ambition 2025」の気候関連の目標には、ミュンヘン再保険の投資ポートフォリオの温室効果ガス(GHG)排出量を2025年までに25~29%削減することや、保険事業における石炭関連のエクスポージャーを35%削減することなどが含まれている。

ミュンヘン再保険の新しいガイドラインでは、2023年4月以降、2022年末までに生産が開始されていない新しい油田・ガス田、新しい石油中流インフラ、新しい石油火力発電所の計画、融資、建設、運営のみを対象とする契約やプロジェクトへの投資や保険の提供を行わないことを約束している。

さらに、ミュンヘン再保険は、流動的な株式および企業ポートフォリオにおいて、2023年4月以降、純粋な石油・ガス企業への新規直接投資を行わないことを約束し、2025年1月までに、排出量の多い上場石油・ガス企業に対して、信頼できる2050年のネット・ゼロの約束を要求する予定だ。

【参照ページ】
(参考記事)Global Briefing: Munich Re to end insurance cover for new oil and gas fields

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-8

    IBM、ESGデータプラットフォームにCSRD対応機能を追加

    4月30日、IBMは、ESGデータの収集、分析、報告プ​​ラットフォーム「IBM Envizi」の…
  2. 2024-5-8

    IFRS、EFRAG、ISSB/CSRD報告基準に双方に対応する企業向けガイダンスを発行

    5月2日、IFRS財団と欧州財務報告諮問グループ(EFRAG)は、ESRS-ISSB基準の相互に共…
  3. 2024-5-7

    CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    CSRD(Corporate Sustainability Reporting Directive…
ページ上部へ戻る