Rolls-Royce、100%水素で発電所用エンジンの試験を実施

1月16日、Rolls-Royceは、同社のパワーシステム事業部門が、100%水素燃料で稼働する「mtuシリーズ4000 L64エンジン」の試験に成功したと発表した。同社によると、本試験の成功は、水素ソリューションの商業的導入を通じて、より持続可能なエネルギーに対する顧客の要求を満たすための重要なステップとなる。

Rolls-Royceの「mtuシリーズ4000 L64エンジン」は、熱電併給プラントなどの用途で電力を生成する。今回の試験は、天然ガスと比較して水素の燃焼挙動が異なることから、試験用エンジンに改良を加え、12気筒バージョンで実施された。

同社は、今回の試験で効率、性能、排出ガス、燃焼の面で非常に優れた特性を示し、グリーン水素を使用すれば、将来的にmtuエンジンをカーボンニュートラルに運用することが可能であるとしている。また、本試験の成功を受け、ドイツのデュイスブルク港で行われるenerport IIプロジェクトの一環として、100%水素で稼働するmtuエンジンの最初の設置をすでに計画していると発表した。

本プロジェクトは、完全に気候変動に左右されない水素で稼働する最初のコンテナターミナルとなることを目指す。

【参照ページ】
Rolls-Royce successfully tests mtu engines with pure hydrogen

関連記事

SmartESGへのリンク

ピックアップ記事

  1. responsAbility、持続可能な食糧戦略のために約355億円超を調達

    2023-1-31

    responsAbility、持続可能な食糧戦略のために約355億円超を調達

    1月23日、持続可能な投資会社であるresponsAbilityは、世界の農業と食品のバリューチェ…
  2. LenovoとKuehne+Nagel、SAFの購入で輸送時の排出量をオフセットするソリューションで提携

    2023-1-31

    LenovoとKuehne+Nagel、SAFの購入で輸送時の排出量をオフセットするソリューションで提携

    1月24日、コンピュータメーカーのLenovoは、顧客がIT製品の輸送に伴う二酸化炭素排出量を最小…
  3. NYCの年金基金、大手銀行に対し厳しい排出量目標を提案

    2023-1-30

    NYCの年金基金、大手銀行に対し厳しい排出量目標を提案

    1月24日、ニューヨーク市の3つの退職年金基金と市会計監査官Brad Landerは、北米の大手銀…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る