ANA、再生可能エネルギー企業Raven SRとSAFの供給契約を締結

1月17日、全日本空輸株式会社(ANA)は、アメリカの再生可能エネルギー企業Ravenおよび伊藤忠商事株式会社と、主要国際線における10年間の持続可能な航空燃料(SAF)供給契約を締結し、供給量は年間20万トン(約2億5000万リットル)となることを発表した。

本合意により、ANAは2025年から、初年度に5万トンのSAFを供給し、毎年増量して10年目には20万トンに達する予定である。ANAグループは、2030年度までにジェット燃料の10%以上をSAFで代替し、2050年度までにカーボンニュートラルを実現する目標を掲げている。

Ravenは、特許取得済みの蒸気/CO2改質技術により、様々な種類の地域・地方の廃棄物や埋立廃棄物からのメタンを再生可能な水素やクリーン燃料に変換する技術を持っている。同社は、2025年までにカリフォルニア州でSAFの生産を開始し、2034年には米国と欧州でのSAF生産量を年間20万トンにまで拡大する計画である。

【参照ページ】
ANAと伊藤忠が再生可能エネルギー企業RavenとSAFの調達に関する覚書を締結

関連記事

ESG開示に関する上場企業100社比較データへのリンク

ピックアップ記事

  1. responsAbility、持続可能な食糧戦略のために約355億円超を調達

    2023-1-31

    responsAbility、持続可能な食糧戦略のために約355億円超を調達

    1月23日、持続可能な投資会社であるresponsAbilityは、世界の農業と食品のバリューチェ…
  2. LenovoとKuehne+Nagel、SAFの購入で輸送時の排出量をオフセットするソリューションで提携

    2023-1-31

    LenovoとKuehne+Nagel、SAFの購入で輸送時の排出量をオフセットするソリューションで提携

    1月24日、コンピュータメーカーのLenovoは、顧客がIT製品の輸送に伴う二酸化炭素排出量を最小…
  3. NYCの年金基金、大手銀行に対し厳しい排出量目標を提案

    2023-1-30

    NYCの年金基金、大手銀行に対し厳しい排出量目標を提案

    1月24日、ニューヨーク市の3つの退職年金基金と市会計監査官Brad Landerは、北米の大手銀…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る