Danone、乳製品サプライチェーンからのメタン排出に対処する計画を発表

1月17日、世界的な食品・飲料メーカーであるDanoneは、温室効果ガス排出の主な原因であるメタンガスについて、2030年までに生乳のサプライチェーンから排出されるメタンの絶対量を30%削減する行動計画を発表した。

同社は、酪農家と協力して再生可能な酪農を実施し、革新的なソリューションを開発するなど、目標達成のために追求する一連の取り組みについても概説している。実際に、再生農業プログラムなどを通じて、5万8000人の酪農家と直接連携し、14カ国で酪農家のプロジェクトを支援してきた。

さらに、同社は同業者や政府、環境防衛基金と連携し、イノベーションの規模拡大や報告、資金調達モデルの高度化を図るとともに、メタン政策やデータ、報告の改善、研究資金や再生酪農への移行農家を支援するための政府への提言を行う。

2018年から2020年の間にメタン排出量を14%削減したDanoneは、COP26で米国とEUが発表した、2030年までに世界のメタン排出量を2020年比で少なくとも30%削減することを目指す「The Global Methane Pledge」と新目標を一致させた。

【参照ページ】
(原文)Danone announces an ambitious plan to reduce its methane emissions
(日本語参考訳)Danone、乳製品サプライチェーンからのメタン排出に対処する計画を発表

関連記事

SmartESGへのリンク

ピックアップ記事

  1. responsAbility、持続可能な食糧戦略のために約355億円超を調達

    2023-1-31

    responsAbility、持続可能な食糧戦略のために約355億円超を調達

    1月23日、持続可能な投資会社であるresponsAbilityは、世界の農業と食品のバリューチェ…
  2. LenovoとKuehne+Nagel、SAFの購入で輸送時の排出量をオフセットするソリューションで提携

    2023-1-31

    LenovoとKuehne+Nagel、SAFの購入で輸送時の排出量をオフセットするソリューションで提携

    1月24日、コンピュータメーカーのLenovoは、顧客がIT製品の輸送に伴う二酸化炭素排出量を最小…
  3. NYCの年金基金、大手銀行に対し厳しい排出量目標を提案

    2023-1-30

    NYCの年金基金、大手銀行に対し厳しい排出量目標を提案

    1月24日、ニューヨーク市の3つの退職年金基金と市会計監査官Brad Landerは、北米の大手銀…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る