Red Hat、2030年に向けてネット・ゼロ・エミッションを約束

Red Hat、2030年に向けてネット・ゼロ・エミッションを約束

1月18日、エンタープライズ・ソフトウェア・プロバイダーのRed Hatは、2030年までに温室効果ガスの排出をネット・ゼロにするという新たな目標を発表した。新しい目標には、直接的な運用とエネルギー使用のスコープ1および2の排出量に加え、コロケーションデータセンターでの電力消費に関連する間接的なスコープ3の排出量も含まれている。

Red Hatによると本発表は、2019年を基準年とする排出量計算プロファイルを確立するための厳格な演習を経ており、目標は、地球温暖化を産業革命以前のレベルから摂氏1.5度まで抑制するという科学的に整合した道筋に沿っている。

Red Hatは2019年にIBMに買収されたが、同社の新たな目標は、2030年までに温室効果ガス排出量ネット・ゼロを達成するというIBMのコミットメントと一致している。

同社は、2025年までに業務上のGHG排出量を65%削減すること、2025年までに75%、2030年までに90%の再生可能電力を達成すること、2027年までに3分の2のサプライヤーが独自の環境管理システムを構築・維持し、GHG排出量の削減目標を設定することなど、新しい目標達成に向けて進める一連の取り組みと中間目標の概要を説明した。

【参照ページ】
(原文)Red Hat Announces Intent to Reach Net-Zero Operational Greenhouse Gas Emissions by 2030
(日本語参考訳)Red Hat、2030年に向けてネット・ゼロ・エミッションを約束

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-21

    人口戦略会議、全国の地方自治体の「持続可能性」について分析

    4月22日、民間団体・人口戦略会議は「地方自治体「持続可能性」分析レポート」を公表。昨年12月に公…
  2. 2024-5-21

    金融庁、主要国のサステナビリティ情報の開示・保証について報告書を発表

    4月17日、金融庁は「主要国のサステナビリティ情報等の開示・保証の動向に関する調査」をEY新日本有…
  3. 2024-5-16

    CEO半数以上がサステナビリティの優先順位が高いと回答(EY調査)

    5月7日、EYの調査によるとサステナビリティと気候変動に関する課題は、グローバルの経営層の間で再び…
ページ上部へ戻る