ペルノ・リカール、約930億円のサステナビリティ・リンク・ボンドを発行。温室効果ガスと水消費量に連動

ペルノ・リカール、約1000億円分のサステナビリティ連動債を発行  温室効果ガス削減と水消費量の減少に連動

4月1日、ペルノ・リカールは約930億円のサステナビリティ・リンク・ボンドの発行を発表した。同社のサステナビリティ・リンク・ボンドの発行は初。

本債券は、同社のスコープ1と2の温室効果ガス(GHG)絶対排出量の削減と蒸留所の単位当たりの水消費量の減少の2つの環境コミットメントとの連動を予定。2029年4月に満期を迎え、クーポンは1.375%。

同社は、本債券のユーロネクスト・パリでの取引認可を申請し、ムーディーズからBaa1、スタンダード&プアーズからBBB+の格付けを受けると発表した。

【参照ページ】
(原文)Pernod Ricard successfully completes its inaugural sustainability-linked bond issuance for EUR750M
(日本語訳)ペルノ・リカール、約930億円のサステナビリティ・リンク・ボンドを発行

関連記事

SmartESGへのリンク

ピックアップ記事

  1. 2022-9-26

    日常と隣り合わせの社会貢献を。ナッジが進めるグリーン・フィンテック

    近年、ヨーロッパを中心に、地球規模の課題であるカーボンニュートラルに向けた取組みを金融テクノロジー…
  2. Amazon、国際的NPOのWater.orgと提携し、1億人に水利用を提供

    2022-9-26

    Amazon、国際的NPOのWater.orgと提携し、1億人に水利用を提供

    9月20日、Amazonと国際的なNPOであるWater.orgは、アジア・アフリカ・ラテンアメリ…
  3. Salesforce、炭素クレジット市場を開始

    2022-9-26

    Salesforce、炭素クレジット市場を開始

    9月20日、CRMソリューションプロバイダのSalesforceは、環境に配慮した起業家と買い手を…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る