ペルノ・リカール、約930億円のサステナビリティ・リンク・ボンドを発行。温室効果ガスと水消費量に連動

ペルノ・リカール、約1000億円分のサステナビリティ連動債を発行  温室効果ガス削減と水消費量の減少に連動

4月1日、ペルノ・リカールは約930億円のサステナビリティ・リンク・ボンドの発行を発表した。同社のサステナビリティ・リンク・ボンドの発行は初。

本債券は、同社のスコープ1と2の温室効果ガス(GHG)絶対排出量の削減と蒸留所の単位当たりの水消費量の減少の2つの環境コミットメントとの連動を予定。2029年4月に満期を迎え、クーポンは1.375%。

同社は、本債券のユーロネクスト・パリでの取引認可を申請し、ムーディーズからBaa1、スタンダード&プアーズからBBB+の格付けを受けると発表した。

【参照ページ】
(原文)Pernod Ricard successfully completes its inaugural sustainability-linked bond issuance for EUR750M
(日本語訳)ペルノ・リカール、約930億円のサステナビリティ・リンク・ボンドを発行

関連記事

SmartESGへのリンク

ピックアップ記事

  1.  

    2022-5-19

    シェルパ・アンド・カンパニー、総額6,000万円の資金調達及びESG経営推進クラウド「SmartESG」β版を提供開始

    5月18日(水)、シェルパ・アンド・カンパニー株式会社(シェルパ)は、ESG経営推進クラウド「Sm…
  2. close up photo of white windmill

    2022-5-18

    ドイツ、再生可能エネルギー拡大へ 2030年までに国内電力の80%を担う計画

    4月6日、ドイツ連邦政府は複数のエネルギー政策関連法の改正法案をまとめた「イースター・パッケージ」…
  3. 2022-5-18

    EcoVadisとGivewith、「サステナブル調達協定」初の公式サポーターに 

    4月21日、ビジネス・サステナビリティ・レーティングのプロバイダーであるEcoVadisと、 ソー…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る