米国プラスチック協定、2022年報告書を発表

2月28日、米環境NGOのRecycling Partnershipと国際環境NGO世界自然保護基金(WWF)が運営を主導する米国イニシアティブ「U.S. Plastics Pact(米国プラスチック協定)」は、最新の年次報告書を発表し、加盟団体(アクティベーター)の2022年のデータを集計して公表した。

米国プラスチック協定は、ブランド、小売業者、コンバーターのActivatorで構成され、総計で米国内のプラスチック包装の33%(重量ベース)を生産している。これは310万トンのプラスチック包装を市場に投入することに相当する。アクティベーターは、2025年までに達成すべき4つの主要ターゲットを通じて、プラスチック廃棄物の発生源に対処することにコミットしている。

TARGET 1:2021年までに問題のある、または不要な包装のリストを定義し、2025年までにリストにある品目をなくすための措置を講じる
TARGET 2;2025年までにプラスチック包装の100%を再利用、リサイクル、堆肥化可能なものにする
TARGET 3:2025年までにプラスチック包装の50%を効果的にリサイクルまたは堆肥化する意欲的な行動をとる
TARGET 4:2025年までに、プラスチック包装材において平均30%の再生材または責任を持って調達されたバイオベース原料を使用する

2021年年次報告以降の進捗は以下の通り。

米国パクト・アクティベーターが市場に流通させるプラスチック包装材で、問題物質および不要物質リストに掲載されている品目を含む重量の量を14%から8%に削減
アクティベーターが再利用可能、リサイクル可能、または堆肥化可能なプラスチック包装材を使用することで、市場に出回るプラスチック包装材が36%から47.7%に7%増加
プラスチック包装材における消費者使用後の再生材料(PCR)の使用を8%から9.4%に増やす

アクティベーターは、世界自然保護基金(WWF)のリソース・フットプリント・トラッカー(Resource Footprint Tracker)を通じて、これらの目標に向けた継続的なポートフォリオ評価と年次進捗報告を行うことを約束する。廃止に向けた全体的な進捗状況は、今後の米国パクト年次報告書に記録される。

【参照ページ】
(原文)The U.S. Plastics Pact Releases 2022 Annual Report
(日本語参考訳)米国プラスチック協定、2022年報告書を発表

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-24

    旭化成、三井化学、三菱ケミカル、カーボンニュートラル実現に向け3社連携

    5月8日、旭化成、三井化学、三菱ケミカルは、西日本に各社が保有するエチレン製造設備について、カーボ…
  2. 2024-5-22

    資生堂、男性社員の育休取得率100%達成

    4月10日、資生堂は、国内資生堂グループ男性社員の育児休業取得率100%を達成したと発表した。 …
  3. 2024-5-22

    環境省、「環境デュー・ディリジェンスに関する取組事例集」更新

    4月11日、環境省は「環境デュー・ディリジェンス(環境DD)に関する取組事例集」の更新版を公表した…
ページ上部へ戻る