日産、2030年度までにEVコスト30%削減。ICE車と同等のコスト実現を目指す

3月25日、日産自動車は、自社の価値と競争力を向上させる新たな経営計画「The Arc」を発表した。日産は新型車の投入、電動化の推進、開発・生産方式の革新、新技術の採用や戦略的パートナーシップなどで構成される本計画により、販売台数の増加と収益性の向上を目指す。

同計画では、地域毎に最適化した戦略を通じて販売台数を拡大し、電動車両とICE車のバランスの取れたポートフォリオ、主要市場での販売増、財務規律の徹底などを通じてEV移行を加速するための準備を進める。また、2026年度末までに年間販売台数を100万台増加させ、営業利益率を6%以上に引き上げることを目指す。2030年度までに新規ビジネスにより、最大で2.5兆円の新たな売上の可能性も見込む。

日産は今後3年間で30車種の新型車を投入。そのうち16車種を電動車両、14車種をICE車とする。2024年度から2030年度の間では、計34車種の電動車両を投入してすべてのセグメントをカバーし、グローバルな電動車両のモデルミックスは2026年度に40%、2030年度には60%になると見込む。

主要市場において2026年度までに実行する主な取り組みは以下の通り。

アメリカズ:

  • 地域全体の販売台数を2023年度比で33万台増加させ、米国では統合型カスタマーエクスペリエンスに2億米ドル(約302億円)を投資
  • 米国とカナダで、7車種の新型車を投入
  • 米国で乗用車モデルラインアップの78%を刷新し、e-POWERとプラグインハイブリッドを搭載したモデルを投入

中国:

  • 日産ブランド車のラインナップの73%を刷新し、新エネルギー車(NEV)8車種を投入
  • 販売台数を20万台増加し、2026年に年間販売台数100万台を目指す
  • 2025年から輸出を開始。第一段階として10万台レベルを目指す
  • 継続して合弁パートナーと生産能力を最適化

日本:

  • 乗用車モデルラインアップの80%を刷新し、5車種の新型車を投入
  • 電動車のモデルミックスを70%へ向上(乗用車)
  • 販売台数を2023年度比で9万台増加させ、2026年度に年間60万台の販売を目指す

アフリカ、中東、インド、欧州、オセアニア:

  • 地域全体で販売台数を2023年度比で30万台増加
  • 欧州:6車種の新型車を投入。EVの販売構成比を40%へ向上(乗用車)
  • 中東:5車種の新型SUVを投入
  • インド:3車種の新型車を投入。10万台レベルの輸出を目指す
  • オセアニア:1トンピックアップとCセグメントクロスオーバーEVを投入
  • アフリカ:2車種の新型SUVを投入。AセグメントのICE車を拡大

新型車を投入していくため、日産は新たなアプローチで、手頃な価格で収益性の高いEVを実現していくとも表明。複数のEVのファミリー開発、パワートレインの一体化、次世代モジュラー生産、グループソーシング、バッテリーの革新などにより次世代EVのコストを30%削減し、2030年度までにEVでICE車と同等のコストを実現することを目指す。

【参照ページ】
日産自動車、価値・競争力・収益性を向上させる経営計画「The Arc」を発表

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-8

    IBM、ESGデータプラットフォームにCSRD対応機能を追加

    4月30日、IBMは、ESGデータの収集、分析、報告プ​​ラットフォーム「IBM Envizi」の…
  2. 2024-5-8

    IFRS、EFRAG、ISSB/CSRD報告基準に双方に対応する企業向けガイダンスを発行

    5月2日、IFRS財団と欧州財務報告諮問グループ(EFRAG)は、ESRS-ISSB基準の相互に共…
  3. 2024-5-7

    CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    CSRD(Corporate Sustainability Reporting Directive…
ページ上部へ戻る