EPA、国家試験戦略の一環としてPFAS試験命令を発令

3月25日、米国環境保護庁(EPA)は、EPAの国家PFAS試験戦略に基づき、パーフルオロアルキル物質(PFAS)およびポリフルオロアルキル物質(PFAS)の試験を求める4件目の有害物質規制法(TSCA)試験命令を発出した。

本措置は、3M CompanyとWacker Chemical Corporationに対し、2-(N-メチルパーフルオロ-1-オクタンスルホンアミド)エタノール(NMeFOSE)の物理化学的特性に関する試験を実施し、本化学物質の吸入による健康影響に関する試験を含めて提出するよう命じるもの。NMeFOSEは、家具用コーティング剤(ペンキやニス)だけでなく、衣類やカーペット処理などの製品にも広く使用されている。NMeFOSEは大気中や、水処理プロセスの副産物であるバイオソリッド(農地で肥料としてよく使用される)からも検出されている。また、NMeFOSEは屋外の環境媒体だけでなく、屋内のほこりや空気中にも蓄積することが研究で証明されている。

既存の危険性とデータを徹底的に調査した結果、EPAは、NMeFOSEが健康や環境に不当な危害を及ぼす危険性があると結論づけた。本化学物質への暴露による潜在的危険性には、神経系や免疫系への障害、がんが含まれる可能性がある。

本命令に基づきEPAが入手する情報は、NMeFOSEの人体への影響に関するEPAの理解を深めるだけでなく、NMeFOSEと構造的に類似した100種類以上のPFASの潜在的な人体への影響についても理解を深め、PFASのこの分類に関するEPAの全体的な理解を深めることになる。

試験命令の対象となる企業は、本命令に記載された試験を実施するか、あるいはEPAが検索で特定しなかったが本命令の要件を満たすと思われる既存情報をEPAに提供することができる。

EPAは、不必要な試験の重複を回避するために、各社が共同で試験を実施することを奨励し、また必要な時間、動物実験、および費用を削減するために、必要なすべての評価項目を網羅する試験の組み合わせの可能性を検討する予定。

【参照ページ】
(原文)EPA issues PFAS test order as part of National Testing Strategy
(日本語参考訳)EPA、国家試験戦略の一環としてPFAS試験命令を発令

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-8

    IBM、ESGデータプラットフォームにCSRD対応機能を追加

    4月30日、IBMは、ESGデータの収集、分析、報告プ​​ラットフォーム「IBM Envizi」の…
  2. 2024-5-8

    IFRS、EFRAG、ISSB/CSRD報告基準に双方に対応する企業向けガイダンスを発行

    5月2日、IFRS財団と欧州財務報告諮問グループ(EFRAG)は、ESRS-ISSB基準の相互に共…
  3. 2024-5-7

    CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    CSRD(Corporate Sustainability Reporting Directive…
ページ上部へ戻る