国連、ネット・ゼロを支援する非国家主体の専門家グループを発足。日本からも1名参画

国際連合、企業や投資家のネット・ゼロ達成を支援 専門家集団を発足

3月31日、国連事務総長のアントニオ・グテーレスは、ネット・ゼロへのコミットメントを支援する、非国家主体の専門家グループ立ち上げを発表した。

本専門家グループの発足は、企業や投資家やによる独自のネット・ゼロ目標が、定義や測定方法に関して不明確であることを背景とする。

9月にScience-Based Targetsイニシアチブが発表した調査結果によると、G20で気候目標を設定している4,200以上の企業のうち、科学的根拠に基づくものはわずか20%に過ぎないことが判明。同様に、アクセンチュアの報告書では、大多数の企業がネット・ゼロ気候目標の達成に向けた軌道に乗っていないことが判明した。

本専門家グループは、目標の信頼性基準の設定・誓約の測定と報告・進捗を検証するプロセス・基準を国内外に伝えるためのロードマップなど4分野にわたって2022年末までに勧告することを目指す。

新専門家グループの議長は、カナダの前環境・気候変動大臣であるキャサリン・マッケンナ女史が務める。日本からも、三宅香・日本気候リーダーズパートナーシップ(JCLP)共同議長が選ばれている。

【参照ページ】
(原文)UN Secretary-General to push business, investors, cities to walk the talk on net-zero pledges; Expert Group launched amid worsening climate crisis

関連記事

SmartESGへのリンク

ピックアップ記事

  1. オンラインファッション通販のSHEIN、バリューチェーンにおける新たな気候変動への取り組みを発表

    2022-10-3

    オンラインファッション通販のSHEIN、バリューチェーンにおける新たな気候変動への取り組みを発表

    9月28日、グローバルファッション通販企業であるSHEINは、2030年までにバリューチェーンの排…
  2. 格安航空会社easyJet、ゼロエミッション飛行技術を気候変動対策の中心に据える

    2022-10-3

    格安航空会社easyJet、ゼロエミッション飛行技術を気候変動対策の中心に据える

    9月、格安航空会社easyJetは、気候変動への影響に対処し、2050年までに排出量ゼロのフライト…
  3. 2022-10-3

    バイデン大統領、米国への投資による国家安全保障リスクを考慮した大統領令に署名

    9月15日、バイデン大統領は、対米外国投資委員会での国家安全保障上のリスクに関する確実な審査のため…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る