Moody’s、企業のネット・ゼロ移行計画を多数立ち上げ

Moody’s、企業のネット・ゼロ移行計画を多数立ち上げへ

11月7日、信用格付、リサーチ、リスク分析を提供するMoody’s Investors Serviceは、企業の炭素移行計画の強さを評価する新しい枠組み案、すなわち「ネット・ゼロ・アセスメント」(NZA)について市場参加者からのフィードバックを求めていることを発表した。

本枠組みは当初、ビジネスに近い収益力を持つ公共部門や非営利団体を含む世界中の非金融法人に適用され、当該法人からの要請と当該法人の関与があった場合にのみ割り当てられる予定である。

NZAの提案するスコアは、企業が目標とする排出量削減の大きさについての意見を提供する「野心スコア」と、企業のガバナンスや行動、計画の前提などの要素を考慮し、目標排出量を達成する可能性を評価する「実施スコア」の2つの要素に基づいて算出される。

本スコアは、気温上昇を1.5℃に抑え、2050年にグローバルネット・ゼロを達成するというパリ協定の目標に沿った、グローバルネット・ゼロの道筋に対する炭素移行計画の強さに対する Moody’sの意見を反映し、5段階で表示される予定である。例えば、最高得点のNZ-1は、その企業の計画がグローバルな1.5℃のパスウェイと整合的であることを反映したものである。

 Moody’s の発表によると、今後、本枠組みを金融機関や政府にも拡大していく可能性があるという。

【参照ページ】
(原文)Moody’s requests feedback on proposed framework for providing Net Zero Assessments for non-financial corporates
(日本語訳)ムーディーズ、非金融法人向けネット・ゼロ・アセスメント提供のためのフレームワーク案についてフィードバックを要請

関連記事

“ホワイトペーパーへのリンク"

おすすめ記事

  1. ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…
  2. CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    2024-5-7

    CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    CSRD(Corporate Sustainability Reporting Directive…
  3. ESG投資とは。改めて考える重要性とESG経営のメリット・今後の課題

    2024-4-30

    ESG投資とは。改めて考える重要性とESG経営のメリット・今後の課題

    ESG投資の流れは国内外において拡大を続けている分野であり、注目を集めている。投資家のニーズに応え…

ピックアップ記事

  1. 2024-7-3

    自然エネルギー財団、新エネルギー基本計画に向けて新シナリオを発表

    6月19日、自然エネルギー財団は「脱炭素へのエネルギー転換シナリオ:2035年自然エネ…
  2. 「ヒューマン・サステナビリティ(ウェルビーイング)」に関する調査結果を発表(Deloitte)

    2024-7-3

    「ヒューマン・サステナビリティ(ウェルビーイング)」に関する調査結果を発表(Deloitte)

    6月18日、グローバル・プロフェッショナル・サービス・ファームであるDeloitteは新たに職場環…
  3. 2024-7-1

    ISSB、気候関連の情報開示促進のために英TPT・GHGプロトコル・GRI等と連携する計画を示す

    6月24日、IFRS財団の国際サステナビリティ基準審議会(ISSB)は、企業の気候関連の情報開示を…
ページ上部へ戻る