Blackbaud、「Impact as a Service」技術プロバイダーのEVERFIを約870億円で買収

Blackbaud、「Impact as a Service」技術プロバイダーのEVERFIを約870億円で買収

1月4日、社会的影響を重視するクラウドソフトウェア企業であるBlackbaudは、「Impact as a Service」技術を提供するEVERFIを現金と株式で約7億5千万ドル相当(約870億円)で買収したことを発表した。

2008年に設立されたEVERFIは、クラウドベースのソフトウェアとコミュニティ・エンゲージメント・エコシステムを組み合わせ、民間、公共、社会セクター組織による教育を通じた課題解決と、コミュニティ・エンゲージメントの活性化によるサービスを提供している。また同社は、企業パートナーに対して、ESGやCSRの目標をサポートする教育プログラムの効果を測定するためのインサイトを提供している。

Blackbaudによると、今回の買収により同社のTAMは200億ドル(約2兆3,193億円)以上に倍増し、両社はコミュニティ教育からボランティア活動、助成金制度、慈善活動まで、テクノロジーを活用したさまざまなプログラム領域で企業の社会貢献活動を支援することが可能になるという。また顧客の重複はほとんどないため、クロスセルを活かした収益成長を見込んでいる。

【参照ページ】
(原文)Blackbaud Acquires EVERFI, a SaaS Leader Powering Corporate ESG and CSR Initiatives that Reach Millions of Learners Each Year
(日本語訳)Blackbaud、「Impact as a Service」技術プロバイダーのEVERFIを約870億円で買収

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-24

    旭化成、三井化学、三菱ケミカル、カーボンニュートラル実現に向け3社連携

    5月8日、旭化成、三井化学、三菱ケミカルは、西日本に各社が保有するエチレン製造設備について、カーボ…
  2. 2024-5-22

    資生堂、男性社員の育休取得率100%達成

    4月10日、資生堂は、国内資生堂グループ男性社員の育児休業取得率100%を達成したと発表した。 …
  3. 2024-5-22

    環境省、「環境デュー・ディリジェンスに関する取組事例集」更新

    4月11日、環境省は「環境デュー・ディリジェンス(環境DD)に関する取組事例集」の更新版を公表した…
ページ上部へ戻る