WBA・ADEME、戦略的パートナーシップを発表

6月8日、ワールド・ベンチマーク・アライアンス(WBA)とフランス環境移行庁(ADEME)は、民間セクターの世界的な脱炭素化とエネルギー転換を加速させるための戦略的パートナーシップを発表した。

2019年より、WBAはADEMEと密接に連携し、「気候・エネルギーベンチマーク」の開発に取り組んでおり、ADEMEとCDPが創設したACT(Assessing low-Carbon Transition)手法に基づき、ベンチマークは自動車、電力、石油・ガスなどの高排出産業における主要企業を測定しランク付けしている。また、脱炭素化のための一貫したロードマップを策定し、企業の移行計画に対する独立した評価を提供することで、気候に関する国際的な説明責任メカニズムとしても機能している。

WBAは、ACTイニシアティブの公式ホストとなり、ACTの手法に従って企業の現在および将来のパフォーマンスを評価する能力を高め、世界レベルで企業の脱炭素化の道筋をサポートする。このコラボレーションにより、WBAとADEMEは既存の多くの相乗効果の恩恵を受け、パリ1.5℃目標に対する企業の評価を行うイニシアティブを中心にさらなる一体化を実現することが可能となる。両組織によると、低炭素で気候変動に強い未来のために必要な移行を推進するために、投資家、企業、NGO、学界、政策立案者などの幅広い関連ステークホルダーグループと協力し続けるという深いコミットメントを共有しているという。

WBAとACTは、本年末に運輸セクターにおける初の気候・エネルギーベンチマークを発表し、世界の運輸企業90社を低炭素世界との整合性と公正な移行への貢献度についてランキングする。化石燃料への依存度が高い運輸部門は、脱炭素化およびエネルギー転換に必要不可欠な存在だ。さらに、両社は、企業の気候変動戦略に対するさらなる洞察を提供するため、ACT4FinanceメソッドとACT Adaptationロードテストの開発にも取り組んでいる。

【参照ページ】
(原文)WBA and ADEME announce strategic partnership
(日本語訳)WBA と ADEME が戦略的パートナーシップを発表

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-8

    IBM、ESGデータプラットフォームにCSRD対応機能を追加

    4月30日、IBMは、ESGデータの収集、分析、報告プ​​ラットフォーム「IBM Envizi」の…
  2. 2024-5-8

    IFRS、EFRAG、ISSB/CSRD報告基準に双方に対応する企業向けガイダンスを発行

    5月2日、IFRS財団と欧州財務報告諮問グループ(EFRAG)は、ESRS-ISSB基準の相互に共…
  3. 2024-5-7

    CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    CSRD(Corporate Sustainability Reporting Directive…
ページ上部へ戻る