ウォルマート、全米で約1GWの新規クリーン・エネルギー・プロジェクトに投資

ウォルマート、全米で約1GWの新規クリーン・エネルギー・プロジェクトに投資

3月26日、小売大手のウォルマートは、全米で約1ギガワットの再生可能エネルギー容量を追加することを目的とした、一連の新しいクリーンエネルギー投資と購入契約を発表した。

この新たなコミットメントは、ウォルマートが1月に発表した、エネルギー転換戦略を加速させる計画に続くもので、2030年末までに10ギガワットもの新たなクリーン・エネルギー・プロジェクトを可能にするという野心を持っている。ウォルマートは現在、事業の半分近くを再生可能エネルギーで賄っており、2035年までに施設の再生可能エネルギーを100%にするという目標を掲げている。

新たなコミットメントには、ネクステラ・エナジー・リソーシズ、EDPリニューアブル・ノース・アメリカ、インベナジーなどが開発中の再生可能エネルギーの長期購入契約が含まれ、アーカンソー州、ルイジアナ州、ミシシッピ州の送電網に842MWの容量が追加される見込みだ。

ウォルマートはまた、Pivot EnergyとReactivateが開発した26のコミュニティ・ソーラーと分散型発電ポートフォリオへの投資を発表した。同社によると、このコミュニティ・ソーラー・プロジェクトにより、一般家庭や商業施設のエネルギー料金の節約に年間約800万ドル(うち600万ドルは低・中所得者層(LMI)向け)が見込まれている。

さらに同社は、電力会社と直接クリーンエネルギー契約を締結し、ルイジアナ州、ミシガン州、テキサス州で77メガワットの容量を追加したと発表した。

【参照ページ】
(原文)Walmart Accelerates Clean Energy Purchases and Investments With Nearly 1 GW of New Projects Across the U.S.
(日本語参考訳)ウォルマート、クリーンエネルギーの購入と投資を加速 全米で約1GWの新規プロジェクトを開始

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-8

    IBM、ESGデータプラットフォームにCSRD対応機能を追加

    4月30日、IBMは、ESGデータの収集、分析、報告プ​​ラットフォーム「IBM Envizi」の…
  2. 2024-5-8

    IFRS、EFRAG、ISSB/CSRD報告基準に双方に対応する企業向けガイダンスを発行

    5月2日、IFRS財団と欧州財務報告諮問グループ(EFRAG)は、ESRS-ISSB基準の相互に共…
  3. 2024-5-7

    CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    CSRD(Corporate Sustainability Reporting Directive…
ページ上部へ戻る