COSO、サステナビリティ開示における内部統制構築を研究

COSO、サステナビリティ/ESGに関する調査を承認

2月24日、ERMガイドライン策定COSO(トレッドウェイ支援組織委員会)は、2013年に策定した内部統制-統合フレームワーク(ICIF)に対して、サステナビリティとESGの分野における補足ガイダンスと考察を開発するための研究報告書を承認した。

本研究では、サステナビリティ報告(自主的なものと規制によって義務付けられたものの両方)の作成プロセスにICIFの適用を検討し、すべての組織がESG・サステナビリティ情報開示に効果的な内部統制を構築することを目指す。

本研究は2022年秋に最終発表に向け、ステークホルダーへのインタビューや多様な第三者による調査と洞察、Herz、Monterio、Thomsonが執筆した本テーマに関する2017年9月の論文から得られた洞察を活用する予定だ。

【参照ページ】
COSO Board Approves Study on Sustainability/ESG

関連記事

ESG開示に関する上場企業100社比較データへのリンク

ピックアップ記事

  1. 2022-5-25

    WBA、日本企業の人権に関するパフォーマンスを分析

    5月17日、ビジネスにおけるSDGs推進国際NGOのWorld Benchmarking Alli…
  2. 2022-5-25

    東京証券取引所、9月からカーボン・クレジット試行取引を開始

    5月16日、株式会社日本取引所グループ(JPX)は、経済産業省が実施する委託事業「令和3年度補正カ…
  3. 海

    2022-5-25

    UNEP、海洋石油・ガスの探査・生産に伴う財務リスクと環境影響に関するレポート発行

    5月、国連環境計画(UNEP)は、 海洋石油・ガスの探査・生産に伴う財務リスクと環境影響を分析した…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る