COSO、サステナビリティ開示における内部統制構築を研究

COSO、サステナビリティ/ESGに関する調査を承認

2月24日、ERMガイドライン策定COSO(トレッドウェイ支援組織委員会)は、2013年に策定した内部統制-統合フレームワーク(ICIF)に対して、サステナビリティとESGの分野における補足ガイダンスと考察を開発するための研究報告書を承認した。

本研究では、サステナビリティ報告(自主的なものと規制によって義務付けられたものの両方)の作成プロセスにICIFの適用を検討し、すべての組織がESG・サステナビリティ情報開示に効果的な内部統制を構築することを目指す。

本研究は2022年秋に最終発表に向け、ステークホルダーへのインタビューや多様な第三者による調査と洞察、Herz、Monterio、Thomsonが執筆した本テーマに関する2017年9月の論文から得られた洞察を活用する予定だ。

【参照ページ】
COSO Board Approves Study on Sustainability/ESG

関連記事

ESG開示に関する上場企業100社比較データへのリンク

ピックアップ記事

  1. オンラインファッション通販のSHEIN、バリューチェーンにおける新たな気候変動への取り組みを発表

    2022-10-3

    オンラインファッション通販のSHEIN、バリューチェーンにおける新たな気候変動への取り組みを発表

    9月28日、グローバルファッション通販企業であるSHEINは、2030年までにバリューチェーンの排…
  2. 格安航空会社easyJet、ゼロエミッション飛行技術を気候変動対策の中心に据える

    2022-10-3

    格安航空会社easyJet、ゼロエミッション飛行技術を気候変動対策の中心に据える

    9月、格安航空会社easyJetは、気候変動への影響に対処し、2050年までに排出量ゼロのフライト…
  3. 2022-10-3

    バイデン大統領、米国への投資による国家安全保障リスクを考慮した大統領令に署名

    9月15日、バイデン大統領は、対米外国投資委員会での国家安全保障上のリスクに関する確実な審査のため…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る