グローバルキャノピーとUNEP FI、TNFDのフレームワーク策定を支援する報告書を発表

3月8日、グローバルキャノピーと国連環境計画金融イニシアチブ(UNEP FI)は、企業や金融機関が自然関連リスクの評価・管理・報告において直面する課題を記載した報告書を発表した。本報告書は、TNFDのフレームワークの実用化に向けて考慮すべき要素を明らかにしている。

グローバルキャノピーとUNEP FIは、2022年3月に発表されるTNFDの自然関連リスク管理と開示のためのグローバルフレームワークのベータ版の開発を支援するための初期パイロット調査を実施した。

今回の報告書のベースとなったパイロット調査は、大豆のサプライチェーンで事業を行う企業、あるいはそれらの企業に融資を行う金融機関を対象に実施され、結果として、①ハイレベルなフレームワークだけではなく詳細なガイダンスを提供する必要があること、②フレームワークに合わせるために段階的なアプローチを実施すべきであること、③情報開示の中にリスクへの具体的な行動を組み込ませること、④自然関連リスクに対するより詳細な研究が必要であること、の4点が明らかになった。

本プロジェクトが大豆のサプライチェーンに注目したのは、サブセクターが自然関連の金融リスクと関連しており、関連データの入手性が比較的良好であったからとしている。今後、TNFDフレームワークのベータ版自体のパイロットテストでは、他のセクターやサブセクターについても検討する予定だ。グローバルキャノピーは、来月のフレームワークのリリースと同時に、パーム油のサブセクターで最初のベータ版のパイロットテストを行う準備を進めているとした。

【参照ページ】
Testing a nature-related risk framework in the consumer staples sector

関連記事

SmartESGへのリンク

ピックアップ記事

  1.  

    2022-5-19

    シェルパ・アンド・カンパニー、総額6,000万円の資金調達及びESG経営推進クラウド「SmartESG」β版を提供開始

    5月18日(水)、シェルパ・アンド・カンパニー株式会社(シェルパ)は、ESG経営推進クラウド「Sm…
  2. close up photo of white windmill

    2022-5-18

    ドイツ、再生可能エネルギー拡大へ 2030年までに国内電力の80%を担う計画

    4月6日、ドイツ連邦政府は複数のエネルギー政策関連法の改正法案をまとめた「イースター・パッケージ」…
  3. 2022-5-18

    EcoVadisとGivewith、「サステナブル調達協定」初の公式サポーターに 

    4月21日、ビジネス・サステナビリティ・レーティングのプロバイダーであるEcoVadisと、 ソー…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る