グローバルキャノピーとUNEP FI、TNFDのフレームワーク策定を支援する報告書を発表

3月8日、グローバルキャノピーと国連環境計画金融イニシアチブ(UNEP FI)は、企業や金融機関が自然関連リスクの評価・管理・報告において直面する課題を記載した報告書を発表した。本報告書は、TNFDのフレームワークの実用化に向けて考慮すべき要素を明らかにしている。

グローバルキャノピーとUNEP FIは、2022年3月に発表されるTNFDの自然関連リスク管理と開示のためのグローバルフレームワークのベータ版の開発を支援するための初期パイロット調査を実施した。

今回の報告書のベースとなったパイロット調査は、大豆のサプライチェーンで事業を行う企業、あるいはそれらの企業に融資を行う金融機関を対象に実施され、結果として、①ハイレベルなフレームワークだけではなく詳細なガイダンスを提供する必要があること、②フレームワークに合わせるために段階的なアプローチを実施すべきであること、③情報開示の中にリスクへの具体的な行動を組み込ませること、④自然関連リスクに対するより詳細な研究が必要であること、の4点が明らかになった。

本プロジェクトが大豆のサプライチェーンに注目したのは、サブセクターが自然関連の金融リスクと関連しており、関連データの入手性が比較的良好であったからとしている。今後、TNFDフレームワークのベータ版自体のパイロットテストでは、他のセクターやサブセクターについても検討する予定だ。グローバルキャノピーは、来月のフレームワークのリリースと同時に、パーム油のサブセクターで最初のベータ版のパイロットテストを行う準備を進めているとした。

【参照ページ】
Testing a nature-related risk framework in the consumer staples sector

関連記事

ESG開示に関する上場企業100社比較データへのリンク

ピックアップ記事

  1. responsAbility、持続可能な食糧戦略のために約355億円超を調達

    2023-1-31

    responsAbility、持続可能な食糧戦略のために約355億円超を調達

    1月23日、持続可能な投資会社であるresponsAbilityは、世界の農業と食品のバリューチェ…
  2. LenovoとKuehne+Nagel、SAFの購入で輸送時の排出量をオフセットするソリューションで提携

    2023-1-31

    LenovoとKuehne+Nagel、SAFの購入で輸送時の排出量をオフセットするソリューションで提携

    1月24日、コンピュータメーカーのLenovoは、顧客がIT製品の輸送に伴う二酸化炭素排出量を最小…
  3. NYCの年金基金、大手銀行に対し厳しい排出量目標を提案

    2023-1-30

    NYCの年金基金、大手銀行に対し厳しい排出量目標を提案

    1月24日、ニューヨーク市の3つの退職年金基金と市会計監査官Brad Landerは、北米の大手銀…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る