アクセンチュアとサーベスト、AIを活用した気候リスクソリューションで提携

5月4日、グローバルなプロフェッショナルサービス企業であるアクセンチュアは、同社の気候関連のコンサルティング能力を拡大し、気候リスクを管理するソリューションを提供することを目的として、AIを活用した気候知能(CI)プラットフォームのサーベストと新たに協業することを発表した。

2016年に設立されたサーベストは、同社のEarth Science AIデータモデリングと機械学習技術に基づき、企業、金融機関、政府が複数の排出量と気候災害のシナリオ・時間軸において、グローバル資産に関する気候リスクと機会の測定と評価を支援するソリューションを提供している。

本発表は、アクセンチュアが最近発表したClimate.MAP Acceleratorに続くもの。第三者のデータセット、定量分析、モデリングを組み合わせた、データ駆動型、技術対応の新しいESGツールで、企業の事業回復力の構築と気候情報開示の強化を支援することを目的としている。

本協業により、アクセンチュアのESGインテリジェンスとサーベストのテクノロジー能力が融合し、クライアントがシナリオベースの気候リスク評価を実施し、レジリエンスの計画、ネット・ゼロ戦略の情報提供、気候関連の開示の透明性向上が可能になる。

【参照ページ】
(原文)Accenture and Cervest Collaborate to Bring Innovative Solutions to Clients Seeking Resilience Amid Increased Climate Risk
(日本語訳)アクセンチュアとサーベスト、AIを活用した気候リスクソリューションで提携

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-21

    人口戦略会議、全国の地方自治体の「持続可能性」について分析

    4月22日、民間団体・人口戦略会議は「地方自治体「持続可能性」分析レポート」を公表。昨年12月に公…
  2. 2024-5-21

    金融庁、主要国のサステナビリティ情報の開示・保証について報告書を発表

    4月17日、金融庁は「主要国のサステナビリティ情報等の開示・保証の動向に関する調査」をEY新日本有…
  3. 2024-5-16

    CEO半数以上がサステナビリティの優先順位が高いと回答(EY調査)

    5月7日、EYの調査によるとサステナビリティと気候変動に関する課題は、グローバルの経営層の間で再び…
ページ上部へ戻る