Arkema、2030年までにバリューチェーン全体の排出量を半分以上削減へ

5月5日、特殊素材メーカーのArkemaは、排出削減目標の更新を発表した。2022年に最初の目標を設定して以来、気候変動への取り組みが進展したことを受け、バリューチェーンの直接・間接排出の両方について2030年目標を引き上げた。

Arkemaの新しい気候変動目標には、2019年基準で、2030年までにスコープ1と2の排出量を48.5%、スコープ3の排出量を54%削減する目標が含まれている。2022年7月に設定された以前の目標は、すべてのスコープにおける排出量の46%削減だった。

スコープ3の排出量は、サプライチェーンや製品の使用を通じて発生する排出量など、企業が直接管理できないもので、Arkemaの温室効果ガス(GHG)フットプリントの大部分を占めている。Arkemaは、2030年までに、再生可能またはリサイクル可能な原材料の割合の増加、カーボンフットプリントの低い原材料の選択、最も排出量の多い活動の削減、ポリマーのリサイクルルートの開発などの取り組みを通じて、スコープ3の排出量を2019年の1億5,200万トンCO2換算から7,000万トンに削減することを目指すと発表した。Arkemaは、GHG排出量削減に貢献する製品やソリューションの開発も目指すと述べている。

最近ENGIEと締結したバイオメタン供給契約など、自社施設で消費される低炭素の蒸気や電気の割合を大幅に増やすことや、エネルギー効率の改善や施設の最適化などの計画により、スコープ1と2の排出量を370万トンから190万トンに削減することも目標としている。

また、Arkemaは、同社の2030年の気候目標が、Science Based Targets initiative(SBTi)により、1.5℃の軌道に乗ることが承認されたことを発表した。

【参照ページ】
(原文)Arkema raises its decarbonization targets and obtains SBTi validation for its 1.5°c trajectory by 2030
(日本語訳)アルケマ、2030年までにバリューチェーン全体の排出量を半分以上削減へ

関連記事

⾮財務情報を企業価値として評価する取り組み事例集へのリンク

ピックアップ記事

  1. ウォルマート、サプライチェーン排出量10億トン削減目標を2030年目標より6年前倒しで達成

    2024-2-28

    Walmart、サプライチェーン排出量10億トン削減目標を2030年目標より6年前倒しで達成

    2月21日、小売大手のWalmartは、製品サプライチェーン全体で温室効果ガス排出量を10億トン削…
  2. クリーンエネルギー・プロバイダーGeoPura、グリーン水素の普及加速のため約100億円を調達

    2024-2-28

    GeoPura、グリーン水素の普及加速のため約100億円を調達

    2月22日、クリーンエネルギー・プロバイダーのGeoPuraは、同社の発電技術の生産拡大と展開拡大…
  3. SIX、銀行が中小企業のサステナビリティを評価できるソリューションを発表

    2024-2-28

    SIX、銀行が中小企業のサステナビリティを評価できるソリューションを発表

    2月22日、金融市場インフラのプロバイダーであるSIXとサステナビリティ・レポーティング・ソフトウ…

アーカイブ

ページ上部へ戻る