Arkema、2030年までにバリューチェーン全体の排出量を半分以上削減へ

5月5日、特殊素材メーカーのArkemaは、排出削減目標の更新を発表した。2022年に最初の目標を設定して以来、気候変動への取り組みが進展したことを受け、バリューチェーンの直接・間接排出の両方について2030年目標を引き上げた。

Arkemaの新しい気候変動目標には、2019年基準で、2030年までにスコープ1と2の排出量を48.5%、スコープ3の排出量を54%削減する目標が含まれている。2022年7月に設定された以前の目標は、すべてのスコープにおける排出量の46%削減だった。

スコープ3の排出量は、サプライチェーンや製品の使用を通じて発生する排出量など、企業が直接管理できないもので、Arkemaの温室効果ガス(GHG)フットプリントの大部分を占めている。Arkemaは、2030年までに、再生可能またはリサイクル可能な原材料の割合の増加、カーボンフットプリントの低い原材料の選択、最も排出量の多い活動の削減、ポリマーのリサイクルルートの開発などの取り組みを通じて、スコープ3の排出量を2019年の1億5,200万トンCO2換算から7,000万トンに削減することを目指すと発表した。Arkemaは、GHG排出量削減に貢献する製品やソリューションの開発も目指すと述べている。

最近ENGIEと締結したバイオメタン供給契約など、自社施設で消費される低炭素の蒸気や電気の割合を大幅に増やすことや、エネルギー効率の改善や施設の最適化などの計画により、スコープ1と2の排出量を370万トンから190万トンに削減することも目標としている。

また、Arkemaは、同社の2030年の気候目標が、Science Based Targets initiative(SBTi)により、1.5℃の軌道に乗ることが承認されたことを発表した。

【参照ページ】
(原文)Arkema raises its decarbonization targets and obtains SBTi validation for its 1.5°c trajectory by 2030
(日本語訳)アルケマ、2030年までにバリューチェーン全体の排出量を半分以上削減へ

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-12

    欧州監督機構、グリーンウォッシングに関する最終報告書を発表

    6月4日、ESMA(欧州証券市場監督機構)EBA(欧州銀行機構)・EIOPA(欧州保険・企業年金監…
  2. 2024-6-11

    H&M、SBTiの目標基準におけるカーボンオフセットの使用に懸念を表明

    6月5日、H&Mグループは、SBTi(Science Based Targets init…
  3. 2024-6-10

    アサヒ飲料、自動販売機で回収したCO2を道路材料に活用開始

    5月24日、アサヒ飲料は、前田道路株式会社と共同で、「CO2を食べる自販機(自動販売機の庫内に二酸…
ページ上部へ戻る