世界の自動車メーカー、EVとバッテリーに約59兆円の予算を設定

11月10日 、世界の自動車メーカーは2030年までにEVやバッテリーに5,150億米ドル(約59兆円)以上の投資計画を発表した。自動車購入者の化石燃料からの脱却や、ますます厳しくなる脱炭素目標の達成に向けた投資を強化していく。

3年前、自動車会社はEVとその関連技術に3,000億米ドル(約33兆円)の投資を計画していた。しかし、ロンドンやパリなどの都市や、ノルウェーから中国に至るまでの国々でゼロカーボン義務化が迫っていることから、業界のEV関連投資のコミットメントはさらに緊急性を増している。

最新の分析によると、自動車メーカーは今後5年から10年の間に、バッテリー駆動の新型車を開発・製造し、内燃機関からの脱却を図るため、推定で5,150億ドル(59兆円)の支出を計画している。

しかし、業界の幹部や予測担当者は、大幅な追加のインセンティブや、充電インフラやグリッド容量へのさらなる投資がなければ、EVに対する消費者の需要が積極的な目標を大きく下回る可能性があると懸念している。

他の調査では、異なる支出予測が出されている。コンサルティング会社AlixPartnersは6月、自動車業界のEVへの投資額が2025年までに3,300億ドル(約37兆円)に達すると発表した。AlixPartners社によると、2020年には世界の全自動車メーカーを合わせて、資本支出と研究開発に約2,250億ドル(約25兆円)を費やす。

世界最大のEVメーカーであるテスラ社(TSLA.O)は、ベルリンとオースティン近郊に数十億ドル規模の「ギガファクトリー」を新設して、年間生産能力を大幅に向上させる準備を進めている。11月初旬には、同社の評価額は1.2兆ドル(約137兆円)に達し、フォルクスワーゲン、トヨタ自動車、フォード・モーター、ゼネラル・モーターズの合計額の2倍以上となっている。

一方、世界の自動車メーカーに対しては、今後10年から15年の間に、ガソリンと電気のハイブリッド車を含む化石燃料車の生産を段階的に縮小する一方で、完全なEVの生産を拡大するよう、政治的・規制的な圧力がかけられている。

また、シンガポールやスウェーデンなど多くの国が、2030年までに新型エンジン車の販売を禁止すると発表している。米国のジョセフ・バイデン大統領は、2030年までに販売台数の40%から50%をEVにすることを目指している。

ドイツや中国などもEVの積極的な展開計画を立てている一方で、日本の自動車メーカーを見ると、本田技研工業、トヨタ自動車、日産自動車の3社が発表した投資額は、合計で400億ドル(3兆6000億円)にも満たず、世界に対し大きく後れを取っているとみられている。

【参照ページ】
(参考記事)Exclusive: Global carmakers now target $515 billion for EVs, batteries
(日本語訳)世界の自動車メーカー、EVとバッテリーに約59兆円の予算を設定

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-12

    欧州監督機構、グリーンウォッシングに関する最終報告書を発表

    6月4日、ESMA(欧州証券市場監督機構)EBA(欧州銀行機構)・EIOPA(欧州保険・企業年金監…
  2. 2024-6-11

    H&M、SBTiの目標基準におけるカーボンオフセットの使用に懸念を表明

    6月5日、H&Mグループは、SBTi(Science Based Targets init…
  3. 2024-6-10

    アサヒ飲料、自動販売機で回収したCO2を道路材料に活用開始

    5月24日、アサヒ飲料は、前田道路株式会社と共同で、「CO2を食べる自販機(自動販売機の庫内に二酸…
ページ上部へ戻る