NZAOA、目標設定プロトコルの第4版に関するパブリックコンサルテーションを開始

8月30日、ネット・ゼロ・アセットオーナー・アライアンス(NZAOA)は、目標設定プロトコルの第4版に関するパブリックコンサルテーションを開始すると発表した。

本プロトコルは、アライアンスメンバーが科学的根拠に基づく中間目標をどのように設定するかを概説するものである。新版は、新しい方法論やアプローチを取り入れることで、目標設定の枠組みをより強固で洗練されたものにすることを意図している。

第4版の草案で更新されたのは、資産クラスの対象範囲の拡大に関するものである。具体的には、以下の追加項目について、一般からのフィードバックを求めている:

  • 私募ファンドの目標設定方法
  • 不動産デットファンドと住宅ローンの目標設定方法(具体化炭素とエネルギー効率に 関するアプローチを含む)
  • (ASCORが提供するような)定性的指標を通じたソブリン債保有のパフォーマンス評価。

プロトコルの最終版に反映される。コンサルテーションは9月29日に締め切られる予定である。

【参照ページ】
(原文)NZAOA launches public consultation on the Target Setting Protocol Fourth Edition
(日本語参考訳)NZAOA、「目標設定プロトコル第4版」の公開コンサルテーションを開始

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-12

    欧州監督機構、グリーンウォッシングに関する最終報告書を発表

    6月4日、ESMA(欧州証券市場監督機構)EBA(欧州銀行機構)・EIOPA(欧州保険・企業年金監…
  2. 2024-6-11

    H&M、SBTiの目標基準におけるカーボンオフセットの使用に懸念を表明

    6月5日、H&Mグループは、SBTi(Science Based Targets init…
  3. 2024-6-10

    アサヒ飲料、自動販売機で回収したCO2を道路材料に活用開始

    5月24日、アサヒ飲料は、前田道路株式会社と共同で、「CO2を食べる自販機(自動販売機の庫内に二酸…
ページ上部へ戻る