Morgan Stanley Infrastructure Partners とCrowley、米国の風力エネルギーを推進

8月24日、Morgan Stanley Investment Management (MSIM)は、Morgan Stanley Infrastructure Partners (MSIP)を通じて、米国の海事・エネルギー・ロジスティクス・ソリューションのリーダーであるCrowleyと、米国における洋上風力発電ソリューションを推進するための新たな合弁会社を設立することを発表した。

本合弁会社は、新たに設立されるCrowley Wind Services Holdings, LLC(Crowley Wind Services Holdings)を通じて、Crowleyのエンド・ツー・エンドの海事およびロジスティクス能力と、長期的な契約による成長インフラ機会を加速させるリーダーであるMSIPの財務力と専門知識を戦略的に結合させる。

MSIM内のプライベート・インフラストラクチャー・ファンド・プラットフォームであるMSIPが運用する投資ファンドがCrowley Wind Services Holdingsの株式の過半数を保有し、Crowleyが事業を運営する。

MSIPとCrowleyのパートナーシップは、米国の既存の港湾施設を再利用・運営し、洋上風力発電事業者に長期契約でリースすることに重点を置く。このターミナルは、風力発電所部品の製造、組み立て、保管をサポートするとともに、港から洋上風力発電施設まで部品を輸送するジョーンズ法に準拠した給餌船などの海上サービスを開発者に提供する。

Crowleyは、米国洋上風力発電業界向けに、港湾業務やターミナル業務、フィーダリング船や業務、プロジェクト管理などの風力エネルギー・ソリューションを提供している。

マサチューセッツ州クリーン・エネルギー・センターおよびマサチューセッツ州セーラム市との官民パートナーシップにより、Crowleyは今秋、米国北東部沿岸の洋上風力リース区域の開発と操業を支援するセーラム風力サービス・ターミナルの建設を開始する予定である。さらに同社は、官民パートナーシップにより、カリフォルニア州ユーレカで米国西海岸のターミナル開発を進めている。Crowleyはまた、ルイジアナ州ポート・フォーションで風力サービスターミナルをリースし、開発する可能性のある先買権契約を結んでいる。

【参照ページ】
(原文)Morgan Stanley Infrastructure Partners, Crowley Advance U.S. Wind Energy
(日本語参考訳)Morgan Stanley Infrastructure Partners とCrowley、米国の風力エネルギーを推進

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-12

    欧州監督機構、グリーンウォッシングに関する最終報告書を発表

    6月4日、ESMA(欧州証券市場監督機構)EBA(欧州銀行機構)・EIOPA(欧州保険・企業年金監…
  2. 2024-6-11

    H&M、SBTiの目標基準におけるカーボンオフセットの使用に懸念を表明

    6月5日、H&Mグループは、SBTi(Science Based Targets init…
  3. 2024-6-10

    アサヒ飲料、自動販売機で回収したCO2を道路材料に活用開始

    5月24日、アサヒ飲料は、前田道路株式会社と共同で、「CO2を食べる自販機(自動販売機の庫内に二酸…
ページ上部へ戻る