スイス、持続可能な投資ラベルに関する規則でグリーンウォッシングに対処

12月16日、スイスの金融市場で「サステナブル」「グリーン」「ESG」と表示される金融商品やファンドには、特定のサステナビリティ目標に合致または貢献することが求められ、提供者はその目標を達成するための方法を開示しなければならないと、スイス連邦評議会が新たに提案した規則が公表された。

連邦内閣は、本提案はグリーンウォッシュ(金融商品・サービスの持続可能性の特性・特徴を誤認・誇張すること)を防止するための努力の一環であると述べている。

実際に、英国のFCA、米国のSEC、EUのESMAなど世界の規制当局は、「ESG」「グリーン」「サステナブル」として販売される投資商品やサービスの普及に伴う問題に取り組んでおり、その際、ファンドで考慮される実際のESG関連属性、手法、基準を投資家に明確に伝達するルールがないことが指摘されている。

また、連邦内閣が発表したポジションペーパーによると、サステナビリティラベルを付けた金融商品は、財務目標に加えて、1つ以上の特定のサステナビリティ目標に沿った、あるいは特定のサステナビリティ目標の達成に貢献する投資目的を1つ以上追求することが求められる。

この定義によれば、特定のサステナビリティ目標を追求せずにESGリスクの低減を目的とする商品は、サステナビリティラベルの対象とはならない。

さらに、製品のサステナビリティアプローチに関する開示、サステナビリティ目標に関する定期的な報告、サステナビリティ目標の信頼性を確保するための独立した第三者による検証、コンプライアンス違反の場合の法的措置の利用などが提案されている。

同協議会は、グリーンウォッシング規制を実施するために、連邦財務省の下にワーキンググループを設置し、2023年9月末までに完全な計画を提示すると発表した。

【参照ページ】
(原文)Sustainable finance in Switzerland

関連記事

サスティナビリティ情報開示の潮流へのリンク

ピックアップ記事

  1. ウォルマート、サプライチェーン排出量10億トン削減目標を2030年目標より6年前倒しで達成

    2024-2-28

    Walmart、サプライチェーン排出量10億トン削減目標を2030年目標より6年前倒しで達成

    2月21日、小売大手のWalmartは、製品サプライチェーン全体で温室効果ガス排出量を10億トン削…
  2. クリーンエネルギー・プロバイダーGeoPura、グリーン水素の普及加速のため約100億円を調達

    2024-2-28

    GeoPura、グリーン水素の普及加速のため約100億円を調達

    2月22日、クリーンエネルギー・プロバイダーのGeoPuraは、同社の発電技術の生産拡大と展開拡大…
  3. SIX、銀行が中小企業のサステナビリティを評価できるソリューションを発表

    2024-2-28

    SIX、銀行が中小企業のサステナビリティを評価できるソリューションを発表

    2月22日、金融市場インフラのプロバイダーであるSIXとサステナビリティ・レポーティング・ソフトウ…

アーカイブ

ページ上部へ戻る