スイス、持続可能な投資ラベルに関する規則でグリーンウォッシングに対処

12月16日、スイスの金融市場で「サステナブル」「グリーン」「ESG」と表示される金融商品やファンドには、特定のサステナビリティ目標に合致または貢献することが求められ、提供者はその目標を達成するための方法を開示しなければならないと、スイス連邦評議会が新たに提案した規則が公表された。

連邦内閣は、本提案はグリーンウォッシュ(金融商品・サービスの持続可能性の特性・特徴を誤認・誇張すること)を防止するための努力の一環であると述べている。

実際に、英国のFCA、米国のSEC、EUのESMAなど世界の規制当局は、「ESG」「グリーン」「サステナブル」として販売される投資商品やサービスの普及に伴う問題に取り組んでおり、その際、ファンドで考慮される実際のESG関連属性、手法、基準を投資家に明確に伝達するルールがないことが指摘されている。

また、連邦内閣が発表したポジションペーパーによると、サステナビリティラベルを付けた金融商品は、財務目標に加えて、1つ以上の特定のサステナビリティ目標に沿った、あるいは特定のサステナビリティ目標の達成に貢献する投資目的を1つ以上追求することが求められる。

この定義によれば、特定のサステナビリティ目標を追求せずにESGリスクの低減を目的とする商品は、サステナビリティラベルの対象とはならない。

さらに、製品のサステナビリティアプローチに関する開示、サステナビリティ目標に関する定期的な報告、サステナビリティ目標の信頼性を確保するための独立した第三者による検証、コンプライアンス違反の場合の法的措置の利用などが提案されている。

同協議会は、グリーンウォッシング規制を実施するために、連邦財務省の下にワーキンググループを設置し、2023年9月末までに完全な計画を提示すると発表した。

【参照ページ】
(原文)Sustainable finance in Switzerland

関連記事

“ホワイトペーパーへのリンク"

おすすめ記事

  1. ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…
  2. CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    2024-5-7

    CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    CSRD(Corporate Sustainability Reporting Directive…
  3. ESG投資とは。改めて考える重要性とESG経営のメリット・今後の課題

    2024-4-30

    ESG投資とは。改めて考える重要性とESG経営のメリット・今後の課題

    ESG投資の流れは国内外において拡大を続けている分野であり、注目を集めている。投資家のニーズに応え…

ピックアップ記事

  1. 2024-7-3

    自然エネルギー財団、新エネルギー基本計画に向けて新シナリオを発表

    6月19日、自然エネルギー財団は「脱炭素へのエネルギー転換シナリオ:2035年自然エネ…
  2. 「ヒューマン・サステナビリティ(ウェルビーイング)」に関する調査結果を発表(Deloitte)

    2024-7-3

    「ヒューマン・サステナビリティ(ウェルビーイング)」に関する調査結果を発表(Deloitte)

    6月18日、グローバル・プロフェッショナル・サービス・ファームであるDeloitteは新たに職場環…
  3. 2024-7-1

    ISSB、気候関連の情報開示促進のために英TPT・GHGプロトコル・GRI等と連携する計画を示す

    6月24日、IFRS財団の国際サステナビリティ基準審議会(ISSB)は、企業の気候関連の情報開示を…
ページ上部へ戻る