PRI、世界最大規模の人権に関するスチュワードシップ・イニシアティブ「Advance」を開始

PRI、世界最大規模の人権に関するスチュワードシップ・イニシアティブ「Advance」を開始

12月1日、責任投資原則(PRI)は、社会問題および人権に関する最大規模の共同スチュワードシップ・イニシアティブである「Advance」の開始を発表した。本イニシアティブには、総資産額30兆米ドル(約3,900兆円)に相当する220以上の投資家が参加し、そのうち120社が40社の主要企業との取り組みを主導または支援する予定である。1日に初めて本イニシアティブの各重点企業に関与する投資家のリストが公表され、すべてのステークホルダーにとって透明性が高まった。

220名の投資家はそれぞれ、人権問題の緊急性と体系性を認識する公的声明に署名している。本声明では、国際基準で定められた人権を尊重する自らの責任を果たす必要性と、投資収益と世界の繁栄が依存する社会的資産としての人権を守ることの重要性の両方を認識している。

本イニシアティブの第一段階には、鉱業・金属と再生可能エネルギーの両分野から40社が参加する予定である。

本発表は、バルセロナで開催された、持続可能な金融に関する世界的な会議であるPRI in Personで行われ、数千人の代表者が直接またはオンラインで集まり、ESGと責任投資の将来について議論した。

【参照ページ】
(原文)Over 200 investors representing US $30 trillion in AUM sign up to ‘Advance’ – world’s largest Stewardship initiative on human rights
(日本語参考訳)PRI、世界最大規模の人権に関するスチュワードシップ・イニシアティブ「Advance」を開始

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-12

    欧州監督機構、グリーンウォッシングに関する最終報告書を発表

    6月4日、ESMA(欧州証券市場監督機構)EBA(欧州銀行機構)・EIOPA(欧州保険・企業年金監…
  2. 2024-6-11

    H&M、SBTiの目標基準におけるカーボンオフセットの使用に懸念を表明

    6月5日、H&Mグループは、SBTi(Science Based Targets init…
  3. 2024-6-10

    アサヒ飲料、自動販売機で回収したCO2を道路材料に活用開始

    5月24日、アサヒ飲料は、前田道路株式会社と共同で、「CO2を食べる自販機(自動販売機の庫内に二酸…
ページ上部へ戻る