Evonik 、ワクチン効果を高める植物由来のスクアレンを発売

Evonik 、ワクチン効果を高める植物由来のスクアレンを発売

12月6日、Evonikは、ワクチンやその他の医薬品用途に適した非動物由来のスクアレン、「PhytoSquene」を発売した。PhytoSqueneは、非経口投与製剤のアジュバントとして使用されるアマランサス油由来のスクアレンとして初めて市場に登場した。本発売は動物由来でないスクアレンの確実な商業的供給を求める声に応えたものである。

EvonikはPhytoSqueneの発売により、動物由来のスクアレンに代わる製品を提供する。動物由来のスクアレンは、医薬品用途では通常サメの肝油を原料としている。動物由来製品の必要性を減らすことで生物多様性と生態系を保護することは、Evonikとそのライフサイエンス部門であるNutrition & Careにとって重要な焦点となっている。

Nutrition & Careは、2032年までに売上高でポートフォリオの70%以上を次世代ソリューションに転換するという明確なビジョンを策定している。

PhytoSqueneは、世界各地で栽培されている草本植物であるアマランサスの油から作られている。植物由来であるため、PhytoSqueneはバッチ間の一貫性、品質、純度が保証される。また、欧州薬局方(Ph.Eur.)に準拠しており、病原体が伝播する危険性がない。また、PhytoSqueneは、文化的・宗教的な理由で動物由来製品を使用できない患者のためのソリューションでもある。

Evonik Health Careは製薬業界のパートナーとして、数十年にわたり先進的なドラッグデリバリーのリーダーであり続けている。複雑な非経口および経口医薬品の開発および製造のための包括的なサービスで、世界中の製薬会社をサポートしている。これには、ポリマーや脂質などの医薬品添加剤、製剤開発、臨床サンプルの製造、そして市販の医薬品が含まれる。

【参照ページ】
(原文)Evonik launches plant-based squalene to boost vaccine efficacy
(日本語参考訳)Evonik 、ワクチン効果を高める植物由来のスクアレンを発売

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  2. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…
  3. 2024-3-26

    【さくっと読める】ESGスコアとは。基本的知識を解説。

    今月から、サスティナビリティ情報開示で関心の高いテーマについて、さくっと読める解説コラムを発行して…

ピックアップ記事

  1. KKR、米国の再生可能エネルギー開発企業Avantusの過半数株式を取得

    2024-4-5

    KKR、米国の再生可能エネルギー開発企業Avantusの過半数株式を取得

    3月21日、代替資産およびプライベート・エクイティ投資家であるKKRは、米国の太陽光発電および蓄電…
  2. 2024-4-5

    経産省・国交省、秋田県八峰町及び能代市沖における洋上風力発電事業者を選定

    3月22日、経済産業省及び国土交通省は、再エネ海域利用法に基づく海洋再生可能エネルギー発電設備整備…
  3. 2024-4-5

    日産、2030年度までにEVコスト30%削減。ICE車と同等のコスト実現を目指す

    3月25日、日産自動車は、自社の価値と競争力を向上させる新たな経営計画「The Arc」を発表した…

アーカイブ

ページ上部へ戻る