不平等・社会関連財務情報開示タスクフォース(TISFD)、活動開始

8月31日、不平等関連財務情報開示タスクフォース(TIFD)と、社会関連財務情報開示タスクフォース(TSFD) を準備してきた組織は、不平等と社会関連のリスク、機会、影響、依存関係に対処するためのタスクフォースを共同創設することを目的とした単一のイニシアティブに、その取り組みを正式に統合した。

暫定的な目的、範囲、アプローチ、ガバナンスは、添付の「目的ステートメント」にまとめられている。提案されているイニシアティブの暫定的な名称は、「不平等と社会関連財務開示に関するタスクフォース」(TISFD)である。

これまでの取り組みに参加した組織は、現在、多様で包括的なワーキング・グループを招集し、イニシアティブのガバナンス構造と今後の活動に情報を提供するグローバルな協議と共創のプロセスを設計し、管理することを使命としている。協議と共創のプロセスは2023年第4四半期に開始され、2024年前半にイニシアティブを発足させることを目指す。

作業部会が設立され次第、追って発表する予定である。TIFDは、アルゼンチン国際協力ネットワーク(RACI)、事前分配イニシアティブ(PDI)、ライツ・コ・ラボ、南部不平等研究センター(SCIS)、国連開発計画(UNDP)を含む暫定事務局が主導している。TSFD創設の提案は、「包摂的成長のためのビジネス(B4IG)」連合が、その戦略的パートナーであるOECDとともに始めたものである。統合タスクフォースの設立は、持続可能な開発のための世界経済人会議(WBCSD)、包括的資本主義のための協議会(CIC)、シフト、およびタスクフォースの長期的ビジョンと一致する特定の作業体系を追求している他の投資家や労働者に焦点を当てた組織によっても支持されている。

【参照ページ】
Taskforce on Inequality and Social-related Financial Disclosures (TISFD)

関連記事

⾮財務情報を企業価値として評価する取り組み事例集へのリンク

ピックアップ記事

  1. ウォルマート、サプライチェーン排出量10億トン削減目標を2030年目標より6年前倒しで達成

    2024-2-28

    Walmart、サプライチェーン排出量10億トン削減目標を2030年目標より6年前倒しで達成

    2月21日、小売大手のWalmartは、製品サプライチェーン全体で温室効果ガス排出量を10億トン削…
  2. クリーンエネルギー・プロバイダーGeoPura、グリーン水素の普及加速のため約100億円を調達

    2024-2-28

    GeoPura、グリーン水素の普及加速のため約100億円を調達

    2月22日、クリーンエネルギー・プロバイダーのGeoPuraは、同社の発電技術の生産拡大と展開拡大…
  3. SIX、銀行が中小企業のサステナビリティを評価できるソリューションを発表

    2024-2-28

    SIX、銀行が中小企業のサステナビリティを評価できるソリューションを発表

    2月22日、金融市場インフラのプロバイダーであるSIXとサステナビリティ・レポーティング・ソフトウ…

アーカイブ

ページ上部へ戻る