Apex Group、EUタクソノミ・アライメント・ソリューションを発表

9月26日、金融サービスおよびソリューションプロバイダーのApex Groupは、グリーン分類システムとの整合性を確保し顧客が開示要件を満たすことを支援する、新しいEUタクソノミ・ソリューションの提供を開始した。

今年、タクソノミの初期導入により、最初の2つの目的である気候変動の緩和と適応に関する開示を実施する。その後、2023年から水の保護、循環型経済、汚染防止、生物多様性と生態系への貢献に関する報告を実施する予定だ。SFDR報告との整合性を求める投資家は、EUタクソノミ報告の提供も要求されるようになる。

APEXの新しいソリューションは、
投資家がEUタクソノミーの適格性基準を満たす企業の経済活動を特定、
「著しい損害を与えない」などのタクソノミーの主要な側面の要件を満たすためのデータ収集の指導と管理、
データをレビューしてギャップの特定とアライメント改善のための助言、
関連する指標に基づき、適格性と整合性のKPIを特定・算出・報告し、ギャップを解消し、整合性を高めるための目標を設定する、
という4段階のプロセスを通じて、EUタクソノミーのアライメントの評価と改善を可能にする。

本発表は、Apex Groupの「インパクト月間」の一環であり、同社は、先週発表した民間市場に特化したインパクト評価ソリューションや、DEI、気候・炭素に対応したソリューションなど、ESGに焦点を当てた一連の製品の発売を目指す。

【参照ページ】
(原文)Apex Group supports clients’ EU Taxonomy alignment
(日本語訳)Apex Group、EUタクソノミ・アライメント・ソリューションを発表

関連記事

SmartESGへのリンク

ピックアップ記事

  1. SEC、ゴールドマン・サックス証券をESG投資方針に従わないとして起訴

    2022-11-24

    SEC、ゴールドマン・サックス証券をESG投資方針に従わないとして起訴

    11月22日、米国証券取引委員会(SEC)は、ゴールドマン・サックスの資産運用部門が、一部のESG…
  2. スイス、上場企業・銀行に対する気候変動報告義務化法を採択

    2022-11-24

    スイス、上場企業・銀行に対する気候変動報告義務化法を採択

    11月23日、スイス政府の連邦評議会で新たな法律が可決され、スイスの大企業および金融機関は、気候関…
  3. 米国労働省、退職年金制度における気候変動・ESG投資を認める

    2022-11-24

    米国労働省、退職年金制度における気候変動・ESG投資を認める

    11月22日、米国労働省(DOL)は、民間雇用者主催の退職年金制度(ERISA)において気候・ES…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る