Deloitte、10年間で2,000億円超の社会的影響に関するコミットメントを発表

9月26日、グローバルなプロフェッショナルサービス企業であるDeloitteは、より公平な社会の育成を目指し、教育・労働力開発、金融包摂、健康の公平性の主要分野に焦点を当てた15億ドル(約2,200億円)の投資を含む、10年間の社会的影響に関するコミットメントを発表した。

Deloitteは、新しいコミットメントを通じて、リーダー・組織・コミュニティと協力し、社会的流動性と経済的繁栄のための道筋の構築を支援する。また、主要な意思決定者を集め、民間と公共部門の協力を促進することでコミュニティ主導の変化をサポートするとも発表した。

また、新しいコミットメント下での投資は、社会起業家のためのベンチャー・フィランソロピー、スキルベースの雇用と実習、既存の能力を補うための従業員フェローシッププログラムなどのアクションに及ぶ。

Deloitteは実際に、教育や労働力開発に取り組むOneTen、金融包摂を推進するBlack Economic Alliance Foundation、健康の公平性を推進するHealth Equity Catalyze Cohortなどに投資を開始すると発表した。OneTenは、4年制大学の学位を持たない100万人のアメリカの黒人を2030年までに雇用し、昇進させ、家族のためになる職業に就かせる約束をする雇用主の連合だ。Black Economic Alliance Foundationは、黒人ビジネスリーダーの専門知識と影響力を結集して、黒人コミュニティの経済的繁栄と世代を超えた富を築くために活動している。

【参照ページ】
(参考記事)Deloitte US Announces $1.5 Billion Social Impact Investment to Foster a More Equitable Society
(日本語訳)Deloitte、10年間で15億ドルの社会的インパクトのあるコミットメントを発表

関連記事

ESG開示に関する上場企業100社比較データへのリンク

ピックアップ記事

  1. SEC、ゴールドマン・サックス証券をESG投資方針に従わないとして起訴

    2022-11-24

    SEC、ゴールドマン・サックス証券をESG投資方針に従わないとして起訴

    11月22日、米国証券取引委員会(SEC)は、ゴールドマン・サックスの資産運用部門が、一部のESG…
  2. スイス、上場企業・銀行に対する気候変動報告義務化法を採択

    2022-11-24

    スイス、上場企業・銀行に対する気候変動報告義務化法を採択

    11月23日、スイス政府の連邦評議会で新たな法律が可決され、スイスの大企業および金融機関は、気候関…
  3. 米国労働省、退職年金制度における気候変動・ESG投資を認める

    2022-11-24

    米国労働省、退職年金制度における気候変動・ESG投資を認める

    11月22日、米国労働省(DOL)は、民間雇用者主催の退職年金制度(ERISA)において気候・ES…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る