Deloitte、10年間で2,000億円超の社会的影響に関するコミットメントを発表

9月26日、グローバルなプロフェッショナルサービス企業であるDeloitteは、より公平な社会の育成を目指し、教育・労働力開発、金融包摂、健康の公平性の主要分野に焦点を当てた15億ドル(約2,200億円)の投資を含む、10年間の社会的影響に関するコミットメントを発表した。

Deloitteは、新しいコミットメントを通じて、リーダー・組織・コミュニティと協力し、社会的流動性と経済的繁栄のための道筋の構築を支援する。また、主要な意思決定者を集め、民間と公共部門の協力を促進することでコミュニティ主導の変化をサポートするとも発表した。

また、新しいコミットメント下での投資は、社会起業家のためのベンチャー・フィランソロピー、スキルベースの雇用と実習、既存の能力を補うための従業員フェローシッププログラムなどのアクションに及ぶ。

Deloitteは実際に、教育や労働力開発に取り組むOneTen、金融包摂を推進するBlack Economic Alliance Foundation、健康の公平性を推進するHealth Equity Catalyze Cohortなどに投資を開始すると発表した。OneTenは、4年制大学の学位を持たない100万人のアメリカの黒人を2030年までに雇用し、昇進させ、家族のためになる職業に就かせる約束をする雇用主の連合だ。Black Economic Alliance Foundationは、黒人ビジネスリーダーの専門知識と影響力を結集して、黒人コミュニティの経済的繁栄と世代を超えた富を築くために活動している。

【参照ページ】
(参考記事)Deloitte US Announces $1.5 Billion Social Impact Investment to Foster a More Equitable Society
(日本語訳)Deloitte、10年間で15億ドルの社会的インパクトのあるコミットメントを発表

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-17

    カリフォルニア州、化石燃料大手5社にグリーンウォッシュ関連訴訟で修正訴状、利益返還の要求

    6月10日、サンフランシスコ - カリフォルニア州司法長官ロブ・ボンタは、世界最大の化石燃料企業5…
  2. 2024-6-5

    一般社団法人サステナブルコミュニティ設立3周年イベントを開催【イベントレポート】

    2024年5月25日、サステナブルコミュニティの3周年イベントがTKP東京駅カンファレンスセンター…
  3. 2024-6-4

    エナジー・キャピタル・パートナーズ、合計67億ドルを調達と発表

    5月28日、エネルギー転換・脱炭素インフラへの投資会社であるエナジー・キャピタル・パートナーズ(E…
ページ上部へ戻る