ING、2040年までに石油・ガス探鉱・生産への融資を段階的に廃止へ

ING、2040年までに石油・ガス探鉱・生産への融資を段階的に廃止へ

12月20日、アムステルダムを拠点とするグローバル銀行INGは、石油・ガス上流事業への融資を2040年までに段階的に廃止し、石油・ガス探査・生産への融資を終了すると発表した。さらに、再生可能エネルギー発電への融資を2025年までに3倍にするという新たな目標についても述べた。

INGによると、新コミットメントは、国連気候変動枠組条約第28回締約国会議(COP28)において、2050年までに化石燃料からの転換を図り、ネット・ゼロを達成するという国際的な合意を初めて達成し、2030年までに再生可能エネルギー容量を世界全体で3倍にするという呼びかけがなされたことを踏まえたものである。

石油・ガス上流部門への融資を段階的に削減する計画の一環として、INGは2030年までに石油・ガス上流部門への融資を35%削減する目標を発表した。

新たなコミットメントは、INGの「テラ・アプローチ」を大幅に更新するもので、ポートフォリオの最も炭素集約的な部分を2050年までにネット・ゼロに導くという戦略である。2022年3月、INGは油田・ガス田向けの新たな上流専用ファイナンスの提供を終了すると発表し、今年初めには、石油・ガスインフラを対象とした新たな資金調達規制の導入と、トレード&コモディティ・ファイナンス事業における取引される石油・ガスの融資量を削減する計画を発表した。

新たな再生可能エネルギー目標は、2025年までに同行の再生可能エネルギー発電への融資額を年間75億ユーロ(約1兆円)に引き上げるもので、2021年の15億ユーロ(約2,340億円)から2025年までに50%増加させるという事前目標を大幅に上回る。

INGは、世界のエネルギー利用の80%が依然として化石燃料をベースとしていることを指摘し、そのエネルギー政策は、気候変動に対処するための脱炭素化と、人々や企業にとって手頃な価格でエネルギーを維持し、安全なエネルギー供給を確保することを可能にするという重要な利益のバランスをとることを目的としていると述べた。

【参照ページ】
(原文)ING takes next steps on energy financing after COP28
(日本語参考訳)ING、2040年までに石油・ガス探鉱・生産への融資を段階的に廃止へ

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-12

    欧州監督機構、グリーンウォッシングに関する最終報告書を発表

    6月4日、ESMA(欧州証券市場監督機構)EBA(欧州銀行機構)・EIOPA(欧州保険・企業年金監…
  2. 2024-6-11

    H&M、SBTiの目標基準におけるカーボンオフセットの使用に懸念を表明

    6月5日、H&Mグループは、SBTi(Science Based Targets init…
  3. 2024-6-10

    アサヒ飲料、自動販売機で回収したCO2を道路材料に活用開始

    5月24日、アサヒ飲料は、前田道路株式会社と共同で、「CO2を食べる自販機(自動販売機の庫内に二酸…
ページ上部へ戻る